プロレスこそものの上手なれ。

プロレスとキン肉マンをメインに綴っていくインドア系ブログ。

キン肉マン 第328話 「七色の痩身男!!」ジェロニモ、ナイスアシスト!

前回、フェイバリットで粉々に砕け散ったように見えたプリズマン。

やはりあれはプリズマンの贅肉だった(笑)

本来の鋭利なボディを現わし、身軽になるプリズマン。秒殺は免れる(笑)リングを削り、クリスタルコンパスからのキャンバス手裏剣を繰り出すが、バイコーンはノーダメージ、反撃の憂き目に合う。

ジェロニモの伏線回収~ひどいズラ!

バイコーンは、ホルンを伸長し、ブラッドスクイーズホルンで、プリズマンを絡め取り、締め上げる。この時の口論で、プリズマンの超人強度が何と5200万パワーもあることが分かる。強すぎないか? しかし、超神は全員が下天する時に、1万パワーを失うが、一律9999万パワーをも誇るという強さ!

更にホルンで締め上げる中、ジェロニモがアドバイスするが、プリズマンが「超人もどきがオレにアドバイスしてんじゃねぇぞ!」とひどい事を言うと、バイコーンの気が逸れて、ホルンが緩む。その隙を見逃さずプリズマン脱出! 間髪入れずに、尖った腕を利用してのまさかのベルリンの赤い雨ー!

先週から、テリーよりやけにジェロニモのカットインが多いなと思っていたら、このためでした(笑) そして、ベル赤発動。ブロッケンとの死闘から身に付けたのでしょう。しかし、プリズマンは知性チームの割には、言葉遣いに知性のカケラも感じません(笑)

正義超人を見直すプリズマン。レインボーシャワーはまだ可能性がある!?

ベル赤で流血をさせるもその後が続かない。ストンピング雨あられをくらうが、ドラゴンスクリューで回避、しかし、バイコーンもフライング・ニールキックを見舞う。それをかわそうと、いつもの癖で?レインボー・シャワーを照射! そんなものは効かぬ・・と余裕を見せていたバイコーンだが、グラつく素振りを見せた。それを見たプリズマンも驚く。ここで今週は終了です。

次回の展望

カピラリア七光線を浴び過ぎて、身体に異常が生じたのか。超神も下天のデータがないだけにあり得ます。それと気付いたのは、今回の闘いは、ハラボテ委員長率いる宇宙超人委員会が介在していません。この事態は初めてではないでしょうか。なので、いつもは手際よく超満員の所、観客がおらず声援も野次もありません(笑)実況もいないので、フェイバリットはいいとしても、繋ぎ技のドラスクやニールキックも掛け手が自ら叫ぶという親切な超人(神)達です(笑)

最後に、レインボーシャワーの効果が期待されますが、劣勢は変わらず、バイコーンと更に後ろに控える2人相手に、ジェロと義足が付け焼刃な感じがするテリーでは大苦戦するのは間違いない。砂漠の地だけに、あの生死不明の仮面のペルソナが参戦してくれることを期待したいです。

最後まで、御覧いただきありがとうございました。

f:id:hirotasun:20201109115634j:plain