プロレスこそものの上手なれ。

プロレスとキン肉マンの記事をメインに、漫画等綴っていくインドア系ブログ。

キン肉マン 第330話 「エジプトにかかる虹!!」 感想 プリズマンは大逆転の虹の橋を架けられるか!?

前回、プリズマンが奥の手、プリズムシュピーゲルクラッシュをバイコーンに炸裂させます!!

シュピーゲルクラッシュは陽動作戦だった。やはり決め技はレインボーシャワー!

プリズマンの技は効いておらず、バイコーンはフェフェフェと口笛を吹くように笑う。しかし、プリズマンは最初から、この技で倒すつもりがなくあくまでバイコーンのバックをとるための陽動技。その答えは、散々、一点集中攻撃した背中に悪魔の光線を至近距離から浴びせる為だった!

プリズマンは自身のパワーの源である太陽を燦燦と浴びて、腸至近距離からの必殺・レインボーシャワーを照射!! そのまま、首を足で決めて変形ドライバーでバイコーンを叩きつける。遂に超神狩りに成功か!? 

プリズマンが大逆転勝利!  しかし、何故かジェロニモと急接近(笑)

ゆっくりとページをめくると・・・バイコーンが塵となって消滅していく。まさか、この勝利を予想できた人はいただろうか。プリズマンがキン肉マン史上、大きなアップセットを起こしました。大ダメージで吐血するプリズマンをジェロニモが介抱しようとすると、プリズマンが乱心!? ジェロにレインボーシャワーを浴びせる! しかし、ジェロニモはギャーと叫ぶ割には効いていない(笑)プリズマンもそれを確かめたくて浴びせたようだ。だが、この試合の序盤戦でジェロに救われたからか、プリズマンは自身の最大の謎を明かす。

プリズマン自身がカピラリアのピース(欠片)の分身だった。

プリズマンが知性の神が所有するカピラリアの欠片より生まれたことをカミングアウト。だからこそ、超人有害光線が撃てたという。しかし、バイコーンとの闘いは、文字通り死闘だったので、その大ダメージでプリズマンも死を覚悟する。なんと、己の身体から云わば心臓であるピースを抜き出し、そのピースをジェロニモに託す!

 

次回の展開予想

今回は、驚きづくめの330話。プリズマンが大逆転勝利しただけでも腹いっぱいなのに、彼自身がカピラリアのピースだったこと。そして、そのピースをジェロニモという若手超人に託したこと。ピースは超人強度の球のように、体内に入りこみジェロニモに何らかの大きな力を与えるのか、それとも副作用があるのか。いずれにしろ、とにかくやられ超人に甘んじていたジェロニモに陽光が挿しこむ展開。

とはいえ、ここでこのまま第二戦が行われるというよりは、別の会場に移るとも考えられます。しかし、今回は内容が分厚い! 二週分はゆうに足りたようなボリュームです(笑)超神は早速、ピースじゃないけど一人欠けてしまいました。次は超神側は誰が出てくるのか。来週を大いに期待して待ちましょう。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

f:id:hirotasun:20201109115634j:plain