プロレスこそものの上手なれ。

新日本を中心としたプロレスブログ。試合の迫力や選手の自己主張等、他のスポーツと違うプロレスの面白さをお伝えしていきます

キン肉マン 感想 344話 血の祭壇 コロッセオ!

第344話 血の祭壇"コロッセオ"!!

遂に開戦した超神 マーティーハーキュリーズ対ゴッドセレクテッド(フェニックス、ビッグボディ)の頂上対決。

f:id:hirotasun:20201031083835j:plain

知性チームのメンバーが2勝1敗の戦績で繋いだフェニックスへのバトン。

超神相手とすれば、上々の結果でしょう。

 

それだけに、ボスであるフェニックスの負けは許されないし、ましてオメガマン・アリステラに続いて連敗だけは絶対に許されない。

 

相手のイデアマンとザ・ノトーリアスは天界での名タッグチームと触れ込み。

 オメガ六鎗客との決着戦もタッグマッチだっただけに、ゆで先生は今は、タッグマッチがブームなのかもしれません(笑)

 

 ノトーリアスが、このバカ面がー!とビッグボディに仕掛けます。

ビッグボディは必ず相手に舐められますが(笑)軽口を叩く超人に長生きしたものは先ずいません。

 

ビッグボディもコノヤローと応じるが、ノトーリアスは身軽で、ビッグボディの攻撃を難なく躱す。

逆に、イデアマンを呼び込み、タッグ戦の見せ場、ツープラトン攻撃の態勢に入る。

 

キン肉マンラソン完走!

ビッグボディを突き刺す強烈なツープラトン

スクリューキッドとケンダマンの地獄のねじ回しのような攻撃!

 

ノトーリアスは悪魔超人のような振舞いで元神には微塵も見えません。

序盤戦は、まだまだ様子見ですが主導権はハーキュリーズが握っています。

f:id:hirotasun:20210412100448p:plain

いつまで走ってんだよ!と言いたくなるようなキン肉マンがようやくコロッセオに到着(笑)

 

そして、フェニックスとビッグボディがタッグを組んでいることに驚愕するスグル!

今の流れでそんなに驚くところ?と俄かに思ってしまいますが、とにかく驚くスグル。

 

まだまだ、序盤なので、今回のトピックスといえば、ようやくキン肉マンとミートが超人マラソンを終えて(笑)闘いの場に到着したところでしょうか。

 

超神は、今のところ人間型ばかりなので特殊能力を持っているものは少なくあんまり圧倒的な戦力を持ったキャラがいません。

 

まぁ、ステカセキングやミキサー大帝のような特殊なタイプの超人は先ず負けてしまいますが(笑)

 

キン肉マンの到着によりもしかしたら、上空の調和の神も待ちきれずに6人タッグマッチなんかになる可能性もあるやもしれません。

 

しかし! 来週は”闘将!ラーメンマン”の再掲載、後編が載るため、キン肉マンは休載。

果報は寝て待てじゃありませんが、ゆるりと待ちましょう。


プロレスランキング