website
statistics

プロレスこそものの上手なれ。

新日本を中心としたプロレスブログ。試合の迫力や選手の自己主張等、他のスポーツと違うプロレスの面白さをお伝えしていきます

キン肉マン 感想 348話 知性の復讐!


プロレスランキング

序盤、中盤の必殺技に勝機はあらず!

フェニックスがイデアマンの隙を付いて、最強の必殺技、マッスル・リベンジャーのセットアップにはいる。

 

唐突感は否めませんが(笑)トドメの鉄柱迄ぶつけてリベンジャー完成!

 

勝ったか?と思われるが、まさかのザ・マンとゴールドマンと同じく、ダイヤモンドパワーの持ち主でダメージを回避。

 

ザ・マンのオリジナルと言うわけでは無かった、高度10!

 

ビッグボディはフェニックスの必殺技の心配を元から心配せずに豪快に笑い飛ばす。

良い性格してんなぁ、昨今には見られない貴重なタイプ(笑)

 

ゴッドセレクテッド側がチームワークを深めることに反比例して、鉄壁なチームワークと関係性を持っていた超神側・マーティ・ハーキュリーズの雲行きが怪しくなる。

ノトーリアスが自我を出してくる

ノトーリアスは、イデアマン調子に乗り過ぎ!と超神の威厳を無くすといい、しばらくは俺一人で相手をすると宣言。

 

宣言通りに、フェニックスとビッグボディの二人を相手取って、パワーボムとリバース・フランケンシュタイナーをミックスさせたような、”ノトーリアス・双頭斬刀刑 " でリング下に叩きつける!

まだ、序盤から中盤に差しかったようなこのタッグマッチはロンゲストマッチになりそうです。

 

チームリーダーとパートナーという感じで、鉄壁タッグに見えたマーティ・ハーキュリーズが意外にも仲間割れか?

 

超神タッグの信頼の綻びがフェニックスとビッグボディにとって、勝負のカギとなる気配です。