プロレスこそものの上手なれ。

プロレスとキン肉マンをメインに綴っていくインドア系ブログ。

キン肉マン 第67巻「希望のクソ力」感想 難攻不落のマッスルスパーク炸裂するか!?

キン肉マンと4王子のここまでの対六鎗客との戦績は2勝1敗。ここで勝ち越しを決められるかキン肉マン。そんな中、パイレートマンがあのマグネットパワーを放出!

 

オメガ六鎗客が地球へ飛来した目的は三つ

パイレートマンが地球に来た目的を語る「オメガの星を救う可能性がある二つの力、マグネットパワーとキン肉マンが持つ火事場のクソ力だ」それを聞き、キン肉マンは彼らが地球を征服のためと来たと思っていたが、星を救うのが目的であれば協力すると言い出す。しかし、彼らにはもう一つ大きな悲願があった。彼らを地球から追い出した、完璧超人始祖の首領であるザ・マンの首を狩ること。そして、全ての神の打倒!と壮大な計画だ。こればかりは、キン肉マンが今のザ・マンは昔と違うと言っても納得しない。ならば、超人同士、闘ってお互いの主張を通そう!

キン肉バスターの別名・五所蹂躙絡みを発動!

マグネットパワーを警戒するキン肉マンですが、パイレートマンは自分のマグネットパワーは本格的に実戦で使えるほどの威力はないと正直に話します。パイレートマンは筋の通った超人です。例えるなら、北斗の拳に出てくる山のフドウのような感じです。体格的にも(笑) キン肉マンよ、火事場のクソ力が星を救えるほどの力があるか見せてみろ!

そこまで言うなら、キンは伝家の宝刀・キン肉バスターを発動! しかし、案の定というか、ネメシスのようにバスターを逆手にとり、新手のバイキングバスターで返されてしまう。

ウルフマン、キン肉マンに激しく喝を入れる!

大ダメージの中、キン肉マンを寝かせて、膝蹴りを連打。不甲斐ないキン肉マンに苛立ち、先に闘ったカナディアンマンの木偶の坊と変わらん!と罵る。そして、今度は、ウルフマンがキン肉マンに喝を入れる。お前の後ろには、俺や散っていった仲間が皆、付いているんだ! それを聞いたキン肉マンは 立ち上がり、カナディアンマンが出したフェイバリット、リビルト・カナディアンバックブリーカーを決める! 

52の関節技(サブミッション)と48の殺人技のコラボレーション!

キン肉マンは48にしても52にしても、実戦では数技しか出してませんが(笑)この機を逃さずと、技を移行。カメハメ師匠に最後に授かった52の関節技、シャットダウンクラッチを極める。キン肉マン、火事場のクソ力を絶賛継続中のため全身が終始光ってます(笑)しかし、パイレートマンがスーパーヘビー級だとすれば、キン肉マンジュニアヘビー級、体格差で技を返される。しかし、ここがチャンスと、52の関節技のグローバル・プレーンスピンから、倒れているパイレートマン目がけて48の殺人技のひとつフライングパーンチ! 決まったと思われたが、パイレートマンは受け切った。逆に、受け切れたことに落胆する。火事場のクソ力でもこんなものか、と。

急にキレ出したパイレートマン。

キン肉マンにとっては謂れのない迷惑な話だが、勝手に失望したパイレートマンがキン肉マンにやけくそ気味の反撃。パイレートマンは、マリキータマンのように特殊能力はなく、ひたすら己の肉体の圧と頑丈さで攻めてくる。ガチのストロングスタイルです。そして、貴様は用済みだ!とばかりにキン肉マンを海に投げ捨てたが・・・このまま、キン肉マンも負けるわけにはいかないと、海への落下を阻止する。

奇跡の逆転ファイターはカンタンには負けられない!

キン肉マンは、緑の王者・三沢光晴のように、相手の技を受けて受けて、最後に逆転しますが、ここまでボロ雑巾のようにされるのは、悪魔将軍戦以来な気もします。諦めないキン肉マンに業を煮やし、カナディアンを葬った、恐怖の腹裂き技、セントエルモスファイヤーを出す。これ以上ないくらに裂きにかかるパイレートマン。そして、ジ・エンド!と思われた瞬間・・「オッアアーッ」再び、キン肉マンが発光し、腕と足のクラッチを外し、パイレートマンをブリッジリターンで上空に押し上げていく。

このセットアップは、あらゆるプロレス漫画史上で最強の必殺技であり、難攻不落のマッスルスパークのセットアップ。マッスルスパーク・天をがっちり決めて、地で落ちていくパイレートマンは心中で、この技と今の火事場のクソ力は今までのそれとは次元が違うと驚愕。そして地で叩きつける! 奇跡の逆転ファイター、キン肉マンが勝った!

火事場のクソ力の本懐を語るパイレートマン

不殺(ころさず)の技・マッスルスパークで敗れたパイレートマンは本物の火事場のクソ力を味わった、火事場のクソ力は三つの段階があると話始める。

一つ目は、キン肉マンが己が試合に勝つために出したクソ力。

二つ目は、散っていった仲間の想いも背負い、試合に勝つためのクソ力。

三つめは、キン肉マンがオメガを救いたいという一心で出したクソ力。敵のために力を尽くすことなどは、オメガの文化になく、常識を遥かにこえた事象だった。そして、キン肉マンは問う「私のこの力はオメガの星を救う切り札となりそうか?」パイレートマンは返す「間違いない。我々が地球にやってきたのは間違いじゃなかった」

f:id:hirotasun:20201124121331j:plain

恨みでは、強いだけでも星を、民を救うことはできないんだ。

キン肉マンとの戦いの中で分かった、恨みつらみだけでは星は救えない。何故、我々を宇宙の辺境の星に追いやったかをザ・マンと話し合ってみようと。キン肉マンは、分かり合えたことに涙する。しかし、大ダメージのため、再度、裂けた腹から血を吹き出し昏倒してしまう。

そして、場面は変わり、フェニックスとアリステラが、不死鳥の一本背負いをアリステラがフライングヘッドシザーズで返す、いかにもな序盤戦で(笑)67巻終了です。

正直なところ、この試合は九分九厘、キン肉マンの負けです。最後のマッスルスパークでなんとか帳尻を付けた感じです。ゆで先生としては珍しく急いだ試合展開でした。

次巻の展望。

星勘定では、地球防衛軍たる5王子が勝ち越しましたが、やはり、10.9対抗戦で、武藤が高田に勝ったように、大将同士のどちらが勝つかは非常に大きいです。そして、あの人気ナンバーワンのもう一人の真の王子の登場はあるか。見どころ満載です!

最後まで、御覧いただきありがとうございました。