プロレスこそものの上手なれ。

新日本を中心にスターダム等のプロレスの面白さを綴っていくブログです。

キン肉マン 第329話 までを振り返る! オメガ六鎗客襲来~プリズマン大逆転か!?迄をおらさい。

キン肉マンの最新シリーズである、超神対超人編が絶好調連載中。毎週、続きが気になりますが、今週は休みのため、今シリーズの始まりから振り返っていきます。

目次

 新たな敵が地球に襲来。正義超人二軍が地球を守る!!

完璧超人始祖との死闘が終わり。地球も正義超人も束の間の休息の中にいた。しかし、いつまでも平和な時間は続かなかった。

オメガケンタウルス星雲から、あのオメガマンの兄と名乗るアリステラが、オメガ六鎗客として地球に襲来し、マグネットパワーと火事場のクソ力を奪いにきた。

登場当時のアリステラも六鎗客も残虐超人臭がプンプンでした(笑)何しろ、歯向かう奴は惨殺だ!と宣言し、裏にサタンもいたから余計にヒール感が際立ってました。

このとき、運悪く主力のアイドル超人、悪魔超人、完璧超人はサタンの結界によって、閉じ込められてしまう。キン肉マンは、相変わらずで難を逃れてましたが(笑)

そこで、奴らを止めるべく現われたのが、2度の超人オリンピックで登場後、観客と化していた、カレクック・ベンキマン・カナディアンマンティーパックマンの二軍と、アイドル軍と二軍の狭間にいた既に引退していた ウルフマンの5人だった。

ティーパックマンはライザップに成功したのか!ぐらいの筋肉隆々ぶりがすごかった(笑)

復活連載後のキン肉マンの裏テーマを私は”敗者復活戦”と考えています。特にこのシリーズはそれが顕著です。ティーパックマンなんて、超人オリンピック登場時の身体付きは、華奢でベンキマンと同じだったのに、今回はヤバい程に鍛えこんできました。

彼ら5人は、奮闘しましたが、ウルフマン以外は倒されてしまいました。六鎗客の強さは、悪魔六騎士と同等かそれ以上の強さです。けど、彼らは臆することなく、立派に闘い散っていきました。

運命の4王子が登場!彼らにさえ、見劣りしなかった六鎗客の実力

そして、残りの六鎗客の相手として、ゆで先生は、キン肉マン無印のラスボスである、運命の王子達を参戦させました。これには、狂喜乱舞しました(笑)全員が更に逞しくなり、六鎗客との試合中にビッグボディは自身を取り戻し、ゼブラも白と黒の融合に成功しました。しかし、4王子とて、2勝2敗に持ち込むのがやっと。キン肉マンも火事場のクソ力からがら勝利しました。何しろ、4王子上位のフェニックスとゼブラが敗退するという番狂わせが起きました。フェニックスにいたっては、相手が頭首のアリステラとはいえ、自らが定めた禁を破り神を憑依させたのに、オメガハルマゲドンアベンジャーで敗退しました。

 

遂に人気NO1超人が登場! 正義超人神7の彼は、引っ張りだこ(笑)

そして、六鎗客が残り二人となったところで、最後の王子であり本物の王家の血を引く、ソルジャーが満を持して登場。一人では闘うことが出来ないので、残虐の神に上から目線でお願いし(笑)血盟軍の一人、ブロッケンジュニアを召喚させ、”フルメタルジャケッツ”としてタッグで対戦することになりました。

やや表現が古いですが(笑)正義超人神7を選抜するとしたら、キン肉マンテリーマンロビンマスクラーメンマンウォーズマン・ブロッケンジュニア・バファローマンだと考えます(バファローマンが悪魔超人に回帰前)

ブロッケンは、ゆで先生も本人も、人気投票欄のコメントで女性に人気があると言っているので、7人の悪魔超人編以降、常に途切れることなく、最前線で血の雨を降らし続けています。タッグトーナメントはやらかしましたが(笑)そのリベンジは今回の闘いで完了しました。

同じ血盟軍繋がりなら、前シリーズでジャスティスマンに完敗し、それ以外全くいいところがなかったアシュラマンでも良かったのに、ソルジャーはブロッケンを指名。その期待に見事に応えました。

あのサタンが遂に実体化! しかし、まさかの弱かった!?(笑)

六鎗客に見限られたサタンは、今までは裏で手を引くだけだったのに、今回、強そうではあるが、何か怪獣みたいな超人に実体化しました。これは、サタンが大暴れするんだろうなと思いきや、ある意味悪魔将軍と同じく強すぎるジョーカー的存在のジャスティスマンに手も足も出ず退散、逃げてしまいました! 再登場はあるとは思いますが、これは、読者予想の上をいく、ゆで先生の作戦勝ちだったような気がします。

超人墓場にて、ザ・マン統括部長による超神対策会議開始。

生き残った六鎗客の二人、アリステラ、パイレートマンと共に、今回の闘いの経緯をザ・マンに聞くためにモンサン・バルフェこと超人墓場に向かったキン肉マン一行。

ここで、初めて、神々の中の、調和の神派閥が、カピラリア七光線を使って超人を根絶やしにする計画を持ち、彼ら自ら下天して超神となり、超人の敵となることを明かされました。そして、フェニックスが、超神と決めた決闘のルールに則り、ザ・マンが正義・完璧超人を部長采配でテキパキと各対戦場に配置を命じ、各々が死地に向かいました。

今度は、フェニックスチームの強力メンバーが登場! 

チームを組んだ正義超人が超神の元へ到着。しかし、ここは俺たちに任せてもらおうか!とばかりに、プリズマン・サタンクロス・マンモスマンが登場。

そして、現在、プリズマンがバイコーン相手に奮戦中です。正義超人だけではなく、フェニックスとビッグボディがタッグを組んで、超神と闘います。この闘いは、仮にフェニックスチームが勝つにしろ、負けるにしろ、後ろには超神も超人も控えているので、来年、いっぱい費やしても終わらないくらいの大規模な闘いとなりそうです。

今後の展開

一番、動きが気になるのは、悪魔超人軍の動向です。このまま静観していることはないでしょうし、アシュラマンは見せ場を作って欲しい。となると、サンシャインとのはぐれ悪魔コンビの復活!が濃厚でしょう。これは見たいです。

もう一つは、ゼブラとマリポーサ。彼らの試合以降、存在が言及されていません。もう、出てこないという、モブ扱いはやめていただきたいので(笑)彼らはフェニックスの命で秘密裏に動いているとしてほしいものです。

現在、自由にどこでも行っていい状況では無いので、巣籠りで、キン肉マンを読んで楽しむのもいいんじゃないでしょうか。

最後まで御覧いただきありがとうございました。

f:id:hirotasun:20201121165711j:plain