プロレスこそものの上手なれ。

新日本を中心としたプロレスブログ。試合の迫力や選手の自己主張等、他のスポーツと違うプロレスの面白さをお伝えしていきます

鈴木鼓太郎 ガンダム 超人技も再現できるジュニア戦士!

NOAH~全日本~NOAHと渡り歩く赤い彗星レスラー

昨今のノアジュニアは、1ユニットを3人として、3~4つのユニットに選手が出たり入ったりと、目まぐるしく抗争を続けています。

その中でも、11月にGHCジュニアヘビー級を原田に奪われはしましたが、それまで5度の防衛を果たし、向かうところ敵なしを誇っていた鈴木鼓太郎

 

その鼓太郎ですが、今まで大先輩の小川良成と鉄壁の絆を築いていました。

しかし、鼓太郎乱心か(笑)仲間割れを起こし、これからの行動に注目が集まります。

f:id:hirotasun:20210418122214j:plain

シナンジュも取り入れています

鼓太郎というリングネームは、師匠の三沢光晴が名付けます。

彼はフィニッシャーの一つに、本家の三沢よりもハイアングルのタイガードライバーを得意としています。

丸藤も、最近は使わないですが、エメラルドフロウジョンを改良型であるタイガーフロウジョンという技を持っています。

 

そして、鼓太郎の奥の手と思われる、肩の高さから相手を真っ逆さまに叩きつける”レクイエム”は最強の説得力を誇ります。

ガンダムレスラーといえばこの選手!

鈴木鼓太郎は、ガンダムが大好きでも有名です。

現在の、赤を基調にしたコスチュームもネオジオンの徽章やシャアの愛機サザビーがモチーフになっているようです。

技名もローリングクレイドルはエンドレス・ワルツ(ガンダムW)や、ジャベリン。

他にも、ブルーディスティニーアクシズなど満載、アクシズって岩なのに(笑)

その中で、特に技そのものと技名が一致してるかなと思えるものが、ミステリオの619と同型の技を「ファンネル」と名付けます。

ロープにもたれかかる相手に向かっていく感じに、ファンネル感があります。

 

それだけ、鼓太郎はガンオタであり、ガンダムにリスペクトがあります。

顔に出来た傷さえも、シャアの素顔にあるような傷と喜んでいます。

ビッグベンエッジも再現!

鼓太郎は一時期、ムシキングテリーになり、ハロウィン等の仮想興行では、ロビンマスクの息子であるケビンマスクに扮装しています。

ムシキングテリーは正体不明でしたが、小川良成が取材で鼓太郎と明かしてます(笑)

キン肉マンに関しては、技を取り入れています。

地獄の断頭台や本当のパロスペシャルと称されるOLAP(オラップ)

 

その中でも極みは、滅多に出さないスペシャル技のビッグベンエッジです。

ロビンとケビンが使うこの技の再現は素晴らしいです。

f:id:hirotasun:20210418122330j:plain

ロビンマスクは、ブリティッシュ・スティールエッジとなります。

 

飛び技も打撃技も落下技と出来るオールラウンドプレーヤー。

いい意味でヒーロー然としたオタク体質を持つ鈴木鼓太郎

鈴木鼓太郎の今後の活躍にも期待です。


プロレスランキング