website
statistics

プロレスこそものの上手なれ。

新日本を中心としたプロレスブログ。試合の迫力や選手の自己主張等、他のスポーツと違うプロレスの面白さをお伝えしていきます

三沢光晴 メモリアル 武藤敬司出場は時を超えたメモリー


プロレスランキング

5.31 三沢光晴 メモリアル in 後楽園ホール

昨年、中止となった三沢光晴メモリアルが今年は後楽園ホールで開催。

今年も大田区体育館の一定期間の使用停止により、中止になりかけましたが開催となり一安心。

 

三沢光晴はノアの盟主であり、象徴であり、緑の永久王者。

しかし、ノアだけでなく、全日本プロレスの大量離脱を救った象徴の選手であり、今日迄、ずっと語り継がれている四天王プロレスのトップ、中心選手です。

 

そして、全日本四天王と対を成した存在が、新日本プロレス闘魂三銃士

その闘魂三銃士のトップであり、現在のノアのトップである武藤敬司

 

両選手は永遠の恋人であり合わせ鏡として、常に比較され続けてきます。

シングルマッチこそ実現しなかったものの、両者はタッグマッチで対戦し、タッグチームとして組んだこともあります。

 

ライバルの武藤敬司がNOAHに入団し、王者となって盛り上げている。

プロレスが生み出すファンタジーの中でも最高のメモリアル。

www.noah.co.jp

更に、メモリアルデーの対戦相手に三沢の弟子でもある丸藤正道が名を連ねる。

メインイベント タッグマッチ

田中将斗武藤敬司 vs 船木誠勝丸藤正道

 

6.6 さいアリ・GHCヘビー級王座での前哨戦でもある試合だけに非常に楽しみ試合。

武藤は、おそらくチャンスがあれば、エメラルド・フロウジョンを出してくるでしょう。

ならば、丸藤も、武藤を持ち上げるのはきついと思いますが、久々のタイガーフロウジョンの解禁や、ローリング・エルボーを一発は叩き込んでほしい。

小川良成・杉浦貴の存在感

三沢メモリアルの出場選手で、実際に三沢光晴を深く知る選手として、小川良成、杉浦貴、中島勝彦らがいます。

強さの象徴であり、半外敵軍として妥協なきファイトを続ける杉浦貴。

 

武藤敬司との足四の字の競演を見せ、今後のネクストを大いに期待させる"火の鳥を食べた男" の異名を持つ小川良成

 

あれだけ話題になっても、特に武藤敬司について語っていないのが実に小川らし過ぎる(笑)

メモリアルをやり続けることで、三沢光晴への感謝とずっと語り続けることができる。

 

素晴らしいカードが並んでいるので、三沢光晴も熱闘を期待しているでしょう。