プロレスこそものの上手なれ。

新日本を中心としたプロレスブログ。試合の迫力や選手の自己主張等、他のスポーツと違うプロレスの面白さをお伝えしていきます

新日本プロレス 速報:2月1日後楽園ホール結果 ヒロムとSHOのすれ違い?は続く

 

第1試合~第3試合 観衆:557人

第1試合

辻陽太(7分26秒→逆エビ固め)ゲイブリアル・キッド

辻、内藤哲也とのシングルマッチ実現なるか? 

内藤は、スペイン語も達者で、お兄さんがスタントマンをしているらしく、運動神経もよく、浜口ジムの後輩である辻に高い評価をしているので、勝敗はともかく、シングルは見てみたい気がします。ノートランキーロ、辻!

f:id:hirotasun:20201228212014j:plain

第2試合

BUSHI・〇高橋ヒロム・SANADA・内藤哲也(15分14秒→TIME BOMB2)

✖マスターワト・SHO・本間朋晃飯伏幸太

ヒロムがわざわざ”TIME BOMB2"を出して、SHOに見せつける。

試合後のヒロムとSHOのインタビュースペースに飯伏が乱入?し、カオスな状況(笑)結局、SHOはヒロムの真意を聞きだせず、眠れない夜が続く模様・・・

f:id:hirotasun:20210201202242j:plain

第3試合

石井智宏矢野通・オカダカズチカ(10分25秒 垂直落下式ブレーンバスター)

ディック東郷・✖高橋裕二郎・EVIL

※試合後、ジェイ・ホワイトが乱入し、石井をブレードランナーでKO! 

ジェイは新たな標的に石井を定めたのか?

第4試合 メインイベント 時間無制限イリミネーションマッチ

〇邪道・エル・ファンタズモ・石森太二タンガ・ロアタマ・トンガ

(24分1秒→体固め)

DOUKI・金丸義信・エルデスペラード・ザックセイバーJr・✖タイチ

最後の一人にたいして試合にも出てない邪道がのこっているのは、何故かと思ったら、タマがタイチからパクったアイアンフィンガーでタイチに地獄突きをかましての邪道のごっつあんフォールでした。 聖帝は怒り心頭でしょう。

BACKSTAGE

全4試合という試合数は正直、う~んと思う節もありますが、このコロナ渦の中、しかも時間の上限も決められているだけに仕方ありませんが、出場選手は迫力ある闘いに、お客様は楽しまれたではないでしょうか。

ジェイ・ホワイト新日本プロレスと契約更新したのでしょう。

外人二強の一角が今後、どう巻き返すのか見ごたえがあります。

最後まで、ご覧いただきありがとうございました。