プロレスこそものの上手なれ。

新日本を中心にスターダム等のプロレスの面白さを綴っていくブログです。

新日本 速報 3.18 オスプレイ 負傷を乗り越えて勝利! 準決勝進出の4選手決定。

エンパイア or ロスインゴ・ベルナブレス・デ・ハポンか?

NJC公式戦・SANADA対ウィル・オスプレイ

 帝国のメンバー、ジェフ・コブとオカンは敗退。

オカンは何故、負ける必要があったのか?と思わせる程の意味不明な敗退。

f:id:hirotasun:20210311113048j:plain

それだけに帝国のエンペラーであるオスプレイは、ザックとの至高の勝負にも勝っただけに、NJC優勝は成し遂げなければならないミッションです。

 

対するSANADAは、広島サンプラザで飯伏と二冠戦を闘ったばかり。

正直、ここでSANADA!との気運は高まりません。

 しかし、その見方を強引に変えるエナジーを発揮し決勝進出してTKGとL・I・J対決となれば非常に面白い展開になります。

師匠の武藤敬司があれだけの活躍を見せている。意気に感じている筈。

現在のマット界で、ラウンディング・ボディプレスを放てる選手は、プロレス界にSANADAだけです。

 

準決勝は外国人対決

デビッド・フィンレーがなんと、ジェイ・ホワイトに勝利。

ジェイとの大きく離されたキャリア、新日本の立ち位置を埋めにかかります。

ジェイ・ホワイト(19分24秒 ACID DROPデビッド・フィンレー

 

SANADAは一昨年のG1でオスプレイに敗れた雪辱戦でもあります。

相手の弱点を攻めるのは勝負の鉄則。

ザック戦で痛めた鼻骨骨折していると思われるオスプレイの鼻を掴んだり摘まんだりと肉体的・精神的にも攻撃。

考えてみただけでも痛くなる攻撃。

f:id:hirotasun:20210318214405p:plain

画像出典:NJPWサイト

しかし、オスプレイもそうまでして勝ちを得ただけに、スパニッシュフライや、サイレントウイスパーで反撃。

SANADAは、武藤直伝のラウンディングボディプレスを都合2回発射するがいずれも不発。これが痛かった。

 

オスプレイは、オスカッターで畳みかけて、最後は完全無欠のストームブレイカーでピンフォールし、準決勝進出。

ウィル・オスプレイ(18分56秒 ストームブレイカー)SANADA

 

準決勝は日本人対決と外国人対決で決勝戦は日本人対外国人になります。

ジェイも試合後のオスプレイのコメントを見ても、今迄のキャリアからして分かりますが、両者ともにフィンレーをかなり格下に見ている。

オスプレイは負傷箇所もあるだけに、大きな注意が必要です。

暗闇王・EVILが再び、観客数を減らすようなバッドエンディングをつくりだしてしまうのか?

何としてでも鷹木に真正面からぶん殴って阻止してほしい。

準決勝は明後日、3.20 宮城・ゼビオアリーナ仙台です。

3.18 静岡・ツインメッセ静岡 観衆:555人


プロレスランキング