プロレスこそものの上手なれ。

新日本を中心としたプロレスブログ。試合の迫力や選手の自己主張等、他のスポーツと違うプロレスの面白さをお伝えしていきます

新日本 4.11 速報 鷹木 とことんやってやるよ、オスプレイ!

飯伏 オカダ ジェイがいなくても…

本日のセミとメインは、試合ルールがイルミネーションから30分1本に代わり、より勝負にこだわるという変更点以外は、昨日と出場選手も同じ布陣。

 

飯伏,オカダ,ジェイの主力3選手が不参加。

それをそこまで感じさせない選手層の厚さ(厚すぎる?)に新日本の凄さを感じます。

 

セミファイナルは、ケイオス with 棚橋組対バレットクラブの10人タッグ戦。

試合は、棚橋がハイフライせずに、テキサスクローバーホールドで、外道からギブアップ勝利。

テキサスクローバーといえば、棚橋かテリーマンかぐらいになってきた(笑)

f:id:hirotasun:20210411185903p:plain

画像出典引用:NJPWサイト


水面下では、矢野とイービルのKOPWの前哨戦。

裕二郎はケイン攻撃で石井ちゃんにかまってもらいたいようです。

 

後藤は昨日のカウントが高速だったんじゃないか!?と浅見レフェリーとバレットの関与を疑います。

いや、それ自体が棒の力なのか・・と棒ストーリーにやるき満々の模様(笑)

 

YOSHI-HASHI、石井智弘、後藤、矢野、〇棚橋(14分22秒 テキサスクローバーホールド)✖外道、石森、裕二郎、EVIL、KENTA

内藤のマイブームはオーカーンの弁髪?

メインのロスインゴとエンパイアの8人タッグはエンパイアが昨夜の雪辱。

コブがBUSHIからツアーオブジアイランドでピンフォール

f:id:hirotasun:20210411185924p:plain

 

内藤とオーカーンはお互いに盛り上がってきており、いいねぇオーカーン、あの目力がいいよ!と評価しながら、弁髪を引っ張ってます。

 

ヘナーレは、バックステージでSANADAを挑発しますがノーコメント。

しかし、二冠戦で飯伏でさえ、SANADAさん喋ってください!と言っていた程だし、ヘナーレとしてはヒールターンしてからの初シリーズだけにアピールしたいところ。

 

ここは、SANADAにも突っかかってもらってきないと盛り上がりに欠けます。

ギフトでもサイレントコールドスカルでもない、SANADAの登場が待たれます

 

〇コブ、ヘナーレ、オーカーン、オスプレイ(14分37秒  ツアーオブジアイランド)✖BUSHI、SANADA、内藤、鷹木

 4.11 静岡・アクトシティ浜松 観衆:816人

次回大会は、4月13日 聖地 後楽園ホール


プロレスランキング