website
statistics

プロレスこそものの上手なれ。

新日本を中心としたプロレスブログ。試合の迫力や選手の自己主張等、他のスポーツと違うプロレスの面白さをお伝えしていきます

新日本 ジェフ・コブ 飯伏打倒のカウントダウンは止まらない!


プロレスランキング

飯伏幸太とジェフ・コブ暴発寸前

5.25 後楽園のメインで、飯伏、棚橋対コブ、オーカーンのタッグ戦。

飯伏とコブは互いのシングルマッチを待ちきれない様子。

 

本来ならば、ハマスタかドームで行っていたであろう両者の対戦。

そして、新日本のリング上で、唯一とも言えるストーリーが続く、現在進行形の対戦。

 

それだけに、両選手共に、強力なパートナーを連れていますが、焦らされている分、シングルマッチのつもりで闘っているかもしれません。

 

名古屋、後楽園初日と弱気な飯伏幸太も見えますが、

飯伏「彼とはやく闘わせてほしい」

と言っているのでゴールデンスターの復調は間違いないでしょう。

 

しかし、ジェフも真面目にコメントしてる中、

「・・ペッパーランチ、いきなり!ステーキ、すしざんまい・・・」

と出すあたり、心得てるなぁって気がする(笑)

 

ジェフ・コブの好調ぶりは群を抜いており、飯伏との対決に向けて、自らが刻む試合へのカウントダウン。

後は、新日本サイドがどのビッグマッチで両者の試合を組むかです。

帝国の広報は黙るべきじゃない

一方、オーカーンの沈黙は気になるところです。

先のシリーズであれだけ、内藤哲也とやり合い、勝利後のリング上では常にマイクを握ってきたオーカーン。

 

帝国の広報を自認するだけに、連日の沈黙はいかがなものか。

帝国の仲間である皇帝・ウィル・オスプレイは長期欠場。

アーロン・ヘナーレは理由は不明ですが短期シリーズの参戦は無し。

 

帝国が弱体化したと見せない為にも、オスプレイの分までオーカーンが試合に喋りに実力を見せる必要がある。

 

オーカーンの沈黙が考えがあってのものならばいいですが、意気消沈からくるノーコメントであれば、ますますオーカーンらしくない。

 

明日の後楽園最終戦では、必ず帝国の宣言が聞きたいものです。

5/25 後楽園 観衆:274人