website
statistics

プロレスこそものの上手なれ。

新日本を中心としたプロレスブログ。試合の迫力や選手の自己主張等、他のスポーツと違うプロレスの面白さをお伝えしていきます

新日本 YOH SOH Jrタッグ王座陥落! 3Kが3Kである為に何が必要か?


プロレスランキング にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
にほんブログ村

石森、ファンタズモ IWGPJr タッグ戴冠

バレットクラブの石森太二とエル・ファンタズモが宣言通りIWGPジュニアタッグ王座に戴冠。

石森に至っては、先ず第一の難関を突破し、一気に二冠の可能性も見えてくる。

 

一方で、ケイオスのYOHとSHOの ROPPONGI 3K は、YOHが復帰一発目で、王座奪取。

そして、金丸義信エル・デスペラード組を返り討ち。

 

さぁ、ここからいくぞ、と言う時に、疑惑の蹴り脚とはいえ、ファンタズモのサドンデスによって、YOHがピンフール負けを喫してしまう(26分43秒)

3Kの二人は、石森に散々、やれ熱が無いだ、格好つけてばかりいるなと言われてます。

 

なので、勝利して沈黙させたいところでしたが、ある意味、言われた通りになってしまったかもしれません。

一度、距離を置いてみてはどうか

試合後、直接のピンを奪われたYOHはノーコメント。

SHOは、俺たちの闘い方で必ずベルトを取り戻してやる、と言いますが、現状のままでは厳しいでしょう。

 

ここは、二人は一度、3K 解散という訳ではなく、一度、タッグ結成の距離を置いてみるのはどうでしょうか。

 

SHOがYOHのいない間に揉まれて成長したように、YOHもその路線をとり経験値を爆上げする戦法です。

 

エッ、タッグ再結成したばかりでしょ?と思うのは当然です(笑)

しかし、このまま、継続しても、また石森や、デスペラードが二人にアレコレと突っ込んできて、ファイトスタイルに迷いが生じるかもしれない。

 

それこそ、ROPPONGI 心中になりかねません(アン・ルイス!)

まぁ、周知の通り、純粋なジュニアタッグチームが不足してるので、3Kがリマッチだ!と主張すれば、組まれる可能性は高い。

 

何せ、あくまでタイトルに挑戦できるレベルのコンビとしては、他に金丸、デスペぐらいしか見当たらず、田口監督も、BUSHIもパート―ナー不在ときてます。

 

一度、距離を置いて、更に経験値を上げた二人で再結成となれば、否が応でも期待値は爆上がりではないでしょうか。

 

さぁ、YOHとSHOの二人は如何な行動に出るのか、注目です。