プロレスこそものの上手なれ。

プロレスとキン肉マンをメインに綴っていくインドア系ブログ。

ワールドプロレスリング オレの激闘!ベスト5 長州力 編 "革命戦士は現在進行形"

長州力モントリオールでプロレスに開眼

この番組のオファーを頑なに断り続けていた長州力。ようやく、出演を了承し(笑)蝶野正洋と対談します。とにかく、今更、プロレスの話はしたくないようで中々、話したがりません。

取材場所である蝶野の店のアリストトリストにやたら関心を見せる長州(笑)しかし、数々の番組の司会も務める蝶野のトーク術で少しずつ場をほぐしていきます。

幼少時代から、プロレス入りの経緯。海外遠征から帰国後のファン募集で決まったリングネーム長州力まで一気に話します。

ここで特に面白かったのが、プロレスがとにかくショッパくて、海外に島流しのように出された中で、ようやく分かり始めたのが、カナダのモントリオールで「プロレスってこういうもんなんだな」と開眼。

そして、2年間の海外武者修行から凱旋。長州力という公募したリングネームには、「なんなんだ、長州力って・・」と呆気にとられたようです(笑)

確かに、吉田から、倒幕の志士である長州の振り幅がスゴい!

f:id:hirotasun:20201211220101j:plain

1.WWF認定インターナショナルヘビー級選手権:藤波辰爾 vs 長州力

1983年4月3日 蔵前国技館

1982年「革命戦士」として藤波辰爾との抗争開始!

純粋なプロレス専門誌の取材とは違って、色々な話をするし、聞き手が後輩の蝶野だけにトークも弾んできます(笑)リングで、飛んだり跳ねたりもできるんだが、やらなかったと話しています。そのおかげで、今は身体のどこもわるくない。

確かに、盟友の天龍源一郎と比べても長州は肉体的にも元気そうです。

入場時に、長州がロングガウン着てるよ! やたらと新鮮です。

試合開始前に長州が突っかかり、リキラリアット!と同時に、藤波も逆ラリアートを打ちこみ同士討ち!

いきなりハイスパートな攻防。これぞ「名勝負数え唄!!」

藤波もWWFジュニアヘビーを何十回も防衛してきて、更にヘビー級に転向しても、WWFヘビーインターの防衛を重ねる。

藤波がWWEのフォールオブフェイムに殿堂入りした初めての日本人選手・アントニオ猪木の次に選出されたのも納得です。三人目が世界の獣神サンダーライガー

f:id:hirotasun:20210123224108j:plain

リング下のエプロンを見渡すと、中央サイドにプロレス界イチ有名な営業本部長・新間氏と、左サイドには、プロレスバカ・剛竜馬がセコンドにいます。

ショワッ!の掛け声で有名な剛は元パイオニア戦士! どれだけの人が知っていて、こんな情報いるのかなぁと半信半疑です(笑)

膠着した状態から、藤波がドロップキック! しかし、流れを止める長州の捻りの利いたハイアングルのバックドロップ! 続けて代名詞のサソリ固め! 一度返されても、続けてのサソリと長州が一気呵成に攻める。

長州は、俺と藤波さんの背丈も体重も同じぐらいだからウマも合って、ハイスパートなレスリングとなり、時代も後押ししてくれたと話します。

蝶野も、自身がプロレスを観始めたのは、藤波・長州戦だと公言しています。

フィニッシュは、藤波のジャパニーズ・レッグロール・クラッチホールドを返した後に、渾身のリキラリアットピンフォール! 

維新軍参謀のマサ・斎藤と抱き合って喜びます。

○ 長州 力(16分39秒 リキラリアット→体固め)藤波 辰爾 ※王座移動 

2.IWGPヘビー級王座挑戦決定リーグ戦:アントニオ猪木 vs 長州力

1988年7月22日 札幌中嶋体育センター

入場時から、二人の殺気と相手を見据える視殺戦がスゴすぎる!

長州が先に入場し、リング上で待ち構えまるが、猪木を見据えたまたリングを跨がせようとしません。およそ2分ぐらいは挑発しつつリングを跨がせない。

中々、長州はリングを跨がせない。

そう、跨ぐなよ、大仁田、それ以上跨ぐなよ! この頃から、大仁田戦前の駆け引き、有名な跨ぐなよの布石はあったのかもしれない(笑)

f:id:hirotasun:20210123224640j:plain

そして、ようやくリングで対峙すると、長州はいきなりのオクラホマスタンピート!自身も勢いで回転しまうよな豪快なスタンピート。

猪木もこの時期は、参院選に立候補する前の最後の全盛期だったのではと、長州は言います。

現在は、札幌中嶋センターはありませんが、雪の札幌と言えば、名勝負の宝庫。藤原喜明が入場時に長州を血だるまにしたテロ行為。

藤波が雪の舞う中、「こんな会社辞めてやる!」とタイツ一丁でタクシーに乗り込むという(笑)

「お前平田だろ!」やドラゴンストップなどと並ぶ有名な事件の一つも札幌です。

にわかに落日の闘魂と言われていた猪木もこれは決まった!と思われたジャーマンスープレックスを見舞う! しかし、何とか返した長州。

猪木がタイガー服部のレフェリングに抗議をしていた時の隙をついて、後頭部へのリキラリアットを一閃! その時の写真をみたことがありますが、猪木の顔がグシャっとなっているのを強烈に憶えています。

そして、強引に抑え込んでのスリーカウントで長州が勝利。勝負タイムは非常に短いですが、殺気のこもった二人の闘いの集大成を見た気がします。

○ 長州 力 (7分55秒 リキラリアット→体固め)アントニオ猪木

3.新日本プロレス対UWEインター 全面対抗戦:長州 力 vs 安生 洋二

1995年10月9日 東京ドーム

6万7千人の大観衆を埋め尽くした必ず、新日の歴史上で話題上がる伝説の興行。この時期は、長州も現場監督として辣腕をふるっていたので、プレイヤーとしてではなく、プロデューサーとしての一面を見せているのが印象的です。

蝶野も2000年代初頭は、現場を仕切っていただけにその苦労も分かります。

この重圧の中での安生の行動を、長州は一定の評価をしています。

入場してきた時の長州の身体のハリと、褐色の肌! もう有名なサイパン合宿に行っている頃でしょう(笑)

試合とは、関係ありませんが、蝶野が格闘王・前田日明の入門時に関して尋ねたときの受け答えが

「アキラは、よく喋るよ。だけど、屁理屈じゃないけど、それが決して答えにはなってない・・」これには蝶野も吹き出していました(笑)

前田も多分、長州のこと聞かれたら同じようなことを言うだろうなぁ(笑)

試合内容としては、先の猪木戦の更に半分ほどの勝負タイムとなりますが、中身は濃かった。安生の攻撃をほぼほぼ何も受けつけず、それでも安生も関節技を積極的に仕掛けていきました。

長州の捻りの利いたバックドロップから、首が吹っ飛んだか!のリキラリアット!からのサソリ固めでフィニッシュ。

試合後のコメントの「キレてないですよ」にもやんわりとコメントしています(笑)

○ 長州 力(4分45秒 サソリ固め)安生 洋二

4.IWGPヘビー級選手権:王者 橋本 真也 vs 長州 力

1997年1月4日 東京ドーム

真っ向勝負でくる破壊王橋本真也との試合は、肉体的にはシンドかったが、ド迫力の闘いにお客さんが熱狂するので試合展開的にはやりやすい、いや楽だったと。逆に、色んな所で話していますが、独特の間を持つ武藤敬司との試合は、やりずらかった、やりたくないと話しています。なんとなくわかります(笑)

長州の入場シーンは、長州小力が着用してる黒Tに背中に長州の文字です(笑)

ゴングと同時に中央でロックアップ! それからヘッドロックと正に長州力のプロレス。お互いに、殴る蹴るのゴツゴツした展開が序盤戦は続きます。

長州が前にぶん投げるブレーンバスタースラムを放ってから、橋本が袈裟斬りチョップに爆殺シューターと動き始めます。

二人の対戦成績は4勝4敗の全くの五分と辻アナが言います。

リング中央でサソリ固めをこれでもかと掛け続けるが、橋本も耐え続けて、タップしないので、サソリを自ら解いて、橋本の首に巻きつくような強烈なリキラリアット三連発! 

途中にフォールを入れつつもラリアット六連。七、八、九発と己の右腕に全精力を注ぐ。しかし、十発目を袈裟斬りで迎撃し、中腰の長州に爆殺バズーカ砲を撃ちこむ。

この試合、当時、何度も何度も観ているのに、どちらが勝ったのか思い出せない。それだけ拮抗しているし、現在、二人が闘っているような錯覚を憶えます。

長州の雪崩式ブレーンバスターに橋本の巨体がバウンディング!

終盤に入って、ようやく一発目のDDTを決める橋本。そして、フィニッシュは、持ち上げられまいと踏ん張る長州を強引に引っこ抜いた、橋本の垂直落下式DDT! 

激闘に終止符を打ちました。橋本は初代!丸形のWGPベルトを巻いています。

長州は橋本を懐かしそうに振り返ります。

○ 橋本 真也(18分4秒 垂直落下DDT→片エビ固め)長州 力

ノーロープ有刺鉄線電流爆破デスマッチ:長州 力 vs 大仁田 厚

2000年7月30日 横浜アリーナ

多分、話題的にもこの試合が入るだろうなと予想していましたが、天龍や、ベイダーや、それこそ蝶野や武藤との名勝負もあるだけに納得できない部分があります。

長州も試合内容よりも、その当時の政治的な背景やマッチメークに関して賛否両論あったことを話します。

試合自体は、対安生戦以上に一方的な試合となる。

安生は技術を持っているが、通用しなかったのだが、長州力は復帰戦にも関わらず、大仁田の持つ実力も技術的にも通用しなかった。結局は、長州は一度も被弾せず。

リキラリアットからのサソリ固めに、大仁田はタップせずにレフェリーストップ。

試合タイム自体は2試合目に紹介した、猪木戦と変わりませんが、内容は天と地程の違いがあります。

○ 長州 力(7分46秒 サソリ固め→レフェリーストップ)大仁田 厚

長州を復帰させたことと、大仁田がこの試合を1年に渡ったドラマの中で成立させたことが大仁田の功績でしょう。

長州力は、試合は勿論、興行を占める役割について、 アントニオ猪木会長からの影響が非常に強いと話しており、それを嬉しく思います。

ドキュメンタリー映画を観たような番組構成で非常に観応えがありました。

藤波がゲストの時も、激闘を展開してきた選手同士のこうゆう関係っていいよなぁと感じます。

番組のオチは、長州が画面後方に飾られているアリストトリストの洋服を蝶野にせがんだ時に、長州の入り前にサイズをSサイズに変えていて持って帰れないというオチとなりました(笑)

しかし、次回も出演してくれたら、長州が着れるサイズを用意しておくということで、番組出演交渉が成立していました(笑)

最後まで、ご覧いただきありがとうございました。