プロレスこそものの上手なれ。

プロレスとキン肉マンをメインに綴っていくインドア系ブログ。

ワールドプロレスリング オレの激闘 ベスト5 藤波辰爾 編:WWF ジュニア王者時代。

 テレ朝CS 2chで放送中。蝶野と選手が試合について話すトーク番組

ホストである黒いカリスマ蝶野正洋が引退現役選手問わずゲストを招いて、新日本プロレス所属時代の試合を選手自ら選び、その試合を観ながら、当時の状況を交えて語り合います。

この回のゲストは、レジェンドであり現在も現役で闘っている超飛龍こと、藤波辰爾選手です。

実際に二人は何度も対戦したこともあり、タイトルも掛けて戦ったことのある直接の先輩・後輩であり、気心の知れた選手同士なので非常に興味深いです。

f:id:hirotasun:20201216210350j:plain

選ばれた5試合は全て、WWF認定Jrヘビー級試合(左が王者)

1:カルロス・エストラーダ VS 藤波辰爾

2:藤波辰爾 VS エル・カネック

3:藤波辰爾 VS 木村健吾

4:藤波辰爾 VS ダイナマイト・キッド

5:藤波辰爾 VS チャボ・ゲレロ

どの試合も観たことがなかったので、とてもスピーディーで、筋骨隆々の身体で、驚きました。蝶野も同じ感想で、藤波自身も当時に戻りたいと冗談で言っています(笑)

f:id:hirotasun:20210103175315j:plain

カルロス戦では、戦慄のドラゴン・スープレックスで会場は大歓声。しかし、ドレッシングルームにいた選手達は、初見であるのと危険すぎる技ということで凍り付いたようです。

初めて繰り出す技は、受ける方は当然ですが、繰り出す方もうまく出せるかの部分で相当のプレッシャーと思われます。

カネック戦では、藤波選手が負傷箇所である足首を引き摺っているのですが、蝶野は「藤波さん、足を負傷しているようには見えませんね」と言っています。

しかし、いやいや思い切り無理してるし、脚、悪いの分かるよ!と思うので、試合VTR観てんのかなと思ってしまった(笑)

3試合目を観てて、次は長州力との名勝負数え唄だろう、その次は、これぞ名勝負と言われる、猪木対藤波の60分フルタイムか、それとも東京ドームでの王者リックフレアーが相手のNWAタイトル戦かと思って観ていたのですが、最後まで、藤波が日本にジュニアの礎を築いたWWF Jr王者時代の試合で占められました。

名勝負はこれでもかとある藤波ですが、この頃は、ライバル長州も初代タイガーマスクもまだいない時代であり、新日の期待を一身に受けている藤波辰爾の全盛期。

なので、この時代にまとめてきたのではと思います。

 

f:id:hirotasun:20210103175240j:plain

とはいえ、どの試合も観応えがあり、この頃(1980年前後)は、鉄柵も無いので、フェンス攻撃も無いし、観客も選手が場外乱闘で迫ってきたら、急いで回避しないといけないので、スリルかつ選手と非常に近い距離感です。蝶野のバラいろダンディで鍛えた(笑)質問力と、二人が同じ時代にレスラーを送っていただけに、色んな話が聞けてとても面白く興味深い内容でした。

藤波辰爾の長いプロレス人生の中で、今回紹介できたのはほんの一部

蝶野も番組の最後に、まだまだ藤波のレスラー人生を掘り下げられていないので、また来てほしい、藤波もまた呼んでほしいとお互いに口を揃えていたので、期待したいです。

そのときの1試合としては、是非、有明での闘魂三銃士の凱旋マッチとして、藤波、木村、越中選手が受けて立った試合についての話も聞きたいです。

大坂城ホールでの前田日明との試合も観たい・・・ですが、ファンが考える名勝負と本人が考える名勝負は「ある部分では」(「」内はよく藤波選手が口にする)違うので、それもまたどんな試合が出てくるか楽しみでもあります。趣味である城巡りについても(笑)

最後まで、お読みいただきありがとうございました。