プロレスこそものの上手なれ。

東京在住。プロレスをメインに、漫画などを綴っていくインドア系のブログです。

新日本プロレス 荒武者 後藤洋央紀はもうIWGPヘビー級には届かないのか?

IWGPヘビー級選手権8回連続挑戦失敗の不名誉を樹立。

CAHOS所属の荒武者後藤の浮上のきっかけが掴めない。いや、正確には、最近でもNEVER戦線では、シングル・6人タッグでは活躍している。しかし、彼の目標はIWGPヘビー級王者になることだ。しかし、近年では挑戦のチャンスすらない。2012年頃迄の活躍と栄冠は傑出しています。2008年には何と初出場にしてG1 CLIMAXに初優勝の快挙を達成。NEW JAPAN CUPには3回も栄冠を獲得しています。しかし、その2012年のNJC優勝以降、大きな栄冠がない。2012年以降と言えば、レインメーカーショックが起き、岡田カズチカ大活躍し、新日本の顔となりました。それと、入れ替わるようにしてIWGP挑戦の機会も激減、彼の期待値も下がってしまい、ネットでは不甲斐ない後藤への檄と親しみを込めて"殿"と呼ばれたりしています。たけし軍団じゃないんだから殿って(笑)  しかし、実力では内藤にも、まして、先を越されたEVILには決して劣ってないはずです。

オリジナル技の豊富さは素晴らしい。しかし、あの技だけは封印してほしい

先頃、YOSHI-HASHIが自身初のベルト(NEVER6人タッグ)を奪取したとき、試合後の控室で「俺は後藤さんのIWGPヘビーのベルトを巻く姿が見たい」と、このコメントを聞いて、私も見ていた人も後藤はIWGPを取れる器であることを思い出したのではないかと。彼の独創的な技やネーミングは荒武者感があふれています。村正や回天、特に昇天の見た目のダイナミックさと説得力は抜群です。いつからか、GTRとういう楽な方?にいってしまっているのが残念です。

そして、「牛殺し」は封印してもらいたいと私は思うのです。凱旋直後にあの技で、天山が頸椎を負傷し、長期欠場に追い込まれて、そこから箔が付き牛殺しと命名されました。確かに、過去、馳浩後藤達俊がバックドロップで仮死状態にしたことがあり、それから殺人バックドロップと命名されました。ドラゲー土井成樹がCIMAに初めて実戦でマスキュラーボムを出した直後に長期欠場になってしまい、あの技は危険度マックスとなり、マスキュラーは年に2度見れればいい感じです。しかし、牛殺しは繋ぎ技であるにも関わらず、ガチに危険な気がします。頸椎を膝に当てるって・・・地味だし別に出す必要がない気がするのです。話を元に戻すと、オリジナルの技の多さに、独特のロープワークと後藤はトップに見合う実力があると考えます。

過去に、何度も王者になって時代を築くだろうと言われていた選手もいた

黒のカリスマ蝶野正洋はG1優勝5回、蝶天でIWGPタッグは、何度も戴冠していますが、IWGPヘビー級奪取は1度しかありません。しかも、怪我による返上で防衛回数はゼロです。そして、バルセロナ五輪出場という圧倒的な経歴を持ち、身体の大きさも申し分なかった中西学は晩年に一度、戴冠しましたが棚橋に一か月で奪い返されて、初防衛できずに終わってしまった。言い方は難しいですが、ボーナストラックで取れた気もします。

しかしながら、後藤はまだ40歳です。見るからにスピードが落ちていますが棚橋は、2019年にケニー・オメガからIWGPヘビーを奪りました。であれば、コンディションも後藤の方がいいはずです。ジェイにオスプレイらの外人勢が本調子且つ波に乗る前にここは何としても強引にきっかけを作って初戴冠してほしい。内藤も、やれ滝行してこいとか、キャプテン・クワナとかいじってきますが、実力は認めているでしょう。ファンも殿、殿と言いながら応援しています。何より、同級生でありライバルの柴田勝頼も歯痒いでしょうう。「後藤、何やってんだ!しっかりせぃ!」と。

荒武者・まとめ

全然関係ないでしょうが(笑) 鬼滅の刃が大ヒットしている昨今、後藤は、レスラーのいで立ちの中ではその匂いを感じさせる男。入場曲の「覇道」も最高です。G1のGは後藤のG! IWGPヘビーを奪取した暁には、IWGPのGは後藤のG!と叫んでもらいたい。

最後まで、御覧いただきありがとうございました。

f:id:hirotasun:20201024151537j:plain