プロレスこそものの上手なれ。

新日本を中心にスターダム等のプロレスの面白さを綴っていくブログです。

新日本プロレス IWGP 飯伏幸太が統一し新たな歴史を紡ぎ出す

f:id:hirotasun:20210212211639j:plain

初代王者は飯伏幸太!4.4両国でNJC優勝者と初防衛戦

1987年6月にベルト化されたIWGPヘビー級の創設者でもあり初代王者の燃える闘魂アントニオ猪木

そこから、34年間に渡り最強の証であったIWGPが大きな転換点を迎えます。

IWGPインターコンチネンタルの歴史が築いた選手の印象。

初期は、現WWEの黒いスーパースター・Rising Sun 中邑真輔

後期は、制御不能男・内藤哲也。ここまで、それ程多くの歴史はありません。

しかし、IWGPヘビー級王座は違います。

初代のアントニオ猪木から始まり、藤波辰爾長州力・ビッグバンベイダー・橋本信也・武藤敬司佐々木健介・永田裕二・棚橋弘至・オカダカズチカ・内藤哲也・そして、飯伏幸太で壮大な歴史の幕を閉じます。

そして、飯伏幸太IWGPヘビーとIWGPインターコンチネンタルを統一し、新たな歴史の1ページ、大仕事をやってのけようとしています。

内藤は敗れはしましたが、統一の流れを黙認するのではなく、また内藤かと声がありつつも、自己主張して王座戦の舞台に立ちます。

「言いたいことは言わないと相手に伝わらない」有言実行する内藤は素晴らしい。

IWGP世界ヘビー級・世界の名称を入れるのはどうなのか?

ベルトの歴史が変われば、名称も変わります。

IWGP世界ヘビー級王座。この名称で本決定なのかわかりませんが、どうもしっくりきません。世界という日本語を入れるのはいかがなものか。

それならば、世界をWORLDにするか、新日本はWWEを目標にしていますから、あえて寄せていってUNIVERSAL(ユニバーサル)でもいいのではないかと考えます。

International Wrestling Grand Prinx WORLD(世界) =IWGPW

International Wrestling Grand Prinx Universal =IWGPU

世界の頂点に原点回帰するなら、日本語表記は邪魔になる気がします。

新日本プロレスフロントには、一考を案じてもらいたい。

NEVERの格・存在感が大きく増す

ここで、2.28 同日にNEVER王座をオーカーン相手に防衛した棚橋に注目が集まります。

f:id:hirotasun:20210301211958j:plain

画像出典:NJPWサイト

一つ上のベルトがなくなる訳ですから、NEVERが新日本シングル王座の二番手に格上げとなるはずです。

 それによりIWGP USヘビー級の存在の意味を持ってくるやもしれません。

WWEのUSヘビー級を模したとしか思えませんが、ロス道場をはじめ、世界戦略には、アメリカが切り札であり最大のマーケットなのは間違いありません。

棚橋が持ち続けることで、荒武者(殿)や鷹木が上げてきたNEVERの価値観に別のスパイスを加えるのか、それとも別の選手が出てくるのか、NEVER戦線も目が離せなくなってきました。


プロレスランキング

最後まで、ご覧いただきありがとうございます。