プロレスこそものの上手なれ。

プロレスとキン肉マンをメインに綴っていくインドア系ブログ。

新日本プロレス 選手にマネージャーは必要なのか。

手を出し過ぎるマネージャーはダメ!

新日本プロレスには、昔から、鬱陶しい奴として(笑)外道というマネージャー兼選手がいました。過去には、オカダカズチカのスポークスマンとして、現在は、バレットクラブのリーダー、ジェイ・ホワイト付きとなっています。

最近だと、EVIL付きのディック東郷です。東郷が新日本に上がるきっかけとして、EVILがロスインゴを裏切ってバレットクラブに所属するインパクトとして、乱入して二人で攻撃もありかと思います。

しかし、今や毎回、当たり前のように乱入して、レフェリーに故意にぶつかって、見えないところでワイヤーロープでって・・・こんな決着ばっかりです。

しかも、毎度のように正義とか言ってるけど、暗黒の王が何言ってんのって話(笑)

f:id:hirotasun:20201031210536j:plain

これを解消するには、ディック東郷を正式にジュニアを中心に試合に参加させる。プロレスリングマスターと称される程の実力の持ち主。彼の試合を観れないファンは勿論、彼とヒロムやBUSHIや田口らと闘わせないのも勿体ない。

結局、東郷もセコンドに付いているだけじゃ物足りないし、それだとギャランティが発生しないのかも(笑)だから、せざるを得ない。

チープな乱入防衛策として、彼の試合を組む。そして、ベストオブスーパージュニアにも出場させる。

そうすれば、自身の試合の準備や組み立てでいそがしくなるから、乱入も減るでしょう。フロント陣に素早く対応してもらいたいです。

セミリタイアの選手や魅せるマネージャーならいてもいいのは。

では、外道はどうなのか? 外道は現在はセミリタイヤの選手です。目に余るときもありますが、強さは感じません。

ジェイ・ホワイトのマネの今は手を出していますが、オカダカズチカの時は手出しはなく、代弁者として必要でした。何も、乱入・凶器を渡すだけがマネージャーの仕事ではありません。

WWEポール・ヘイマンは、乱入などせずとも、ブロック・レズナーのマネージャー(代弁者)として大きな存在でした。

タイチのマネージャーのあべみほをどうとかいう人はあまりいません。華があるし、「愛などいらぬ」の聖帝にも彼女は必要でしょう(笑)

更に最近では、ウィル・オスプレイの公私混同か(笑)もしくはスターダムの売り込み作戦なのか、ビー・プレストリーが新日本のリングに現れることが増えています。

プロレスに厳格なルールは作れないし、作る必要もない。けれど・・・

厳格なルールを制定したら、凶器はもちろん、毒霧だってテープや手錠だって絶対に持ち込むことはできない。だから5カウントまでOKというファジーなルールがあります。しかし、レフェリーはもう少しうまく試合を裁く、安易に反則のための道具にされないでほしい。

あんなに、場外で倒れてるレフェリーは新日本のみ、ノアでも全日本でも先ずありません。特に全日は女性レフェリーもいるので先ず見たことがありません。

新日もレフェリーがIWGP実行委員会なりに進言して、レフェリーに故意に暴行した選手には、給料減額とかして厳罰してほしい。

反則負けだと割を食うのは観客やファンなので勘弁です。それに、レフェリーの皆さんも身体が持たないでしょう。

天山の凱旋時のインパクトは特大だった!

今回のG1のアナザーストーリーとして、オスプレイの新軍団結成宣言に、オーカーンの凱旋のようにインパクト大の乱入は有りだと考えます。

かつて、凱旋直後の天山が、蝶野と合体して狼群団を結成して、長州・馳・武藤等のトップを総ナメしていったインパクトは今も鮮明です。

それだけに、毎度乱入の試合内容の低下だけは、いい加減廃止すべき。闘う選手は移り変わっても、ストロングスタイルは不変です。

結論として、新日本プロレスにマネージャーがいてもいいですが、手を出し過ぎるのは、ただのぶち壊しになるからいるべきじゃないと個人的に考えます。

最後まで、御覧いただきありがとうございました。