website
statistics

プロレスこそものの上手なれ。

新日本を中心としたプロレスブログ。試合の迫力や選手の自己主張等、他のスポーツと違うプロレスの面白さをお伝えしていきます

新日本 野球は松坂世代 プロレスは内藤世代が牽引する!


プロレスランキング にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
にほんブログ村

怪物・松坂大輔引退

プロ野球埼玉西武ライオンズの投手、松坂大輔が引退を表明します。

ルーキーから頭角を現し、大リーグに行っても活躍し一時代を築きます。

 

しかし、近年は怪我と故障からまったく活躍出来ずに行く先々のチームで高い年俸だけもらってるような体たらく、イチローに ”なめている”と言われたのも有名な話です。

 

しかし、後輩にアドバイスするなど慕われている部分もあり、松坂世代、○○世代という呼称は松坂から始まったとも聞きます。

 

そこで、プロレス界で言えばどの世代か有名か?

それは現在、大活躍中の昭和57年生まれの世代と思われます。

内藤・飯伏・鷹木が新日本で覇権を争う

内藤哲也飯伏幸太鷹木信悟石森太二YOSHI-HASHIとこれでもかいうぐらいに(笑)豪華な布陣、最強の同級生が揃ってます。

 

他団体にも、大日本プロレスのピッサリ・岡林裕二等、強力な選手がいます。

 

個人的には、S57世代・プロレス黄金世代と呼んでますが、誰を筆頭にするかと言えば、内藤世代・内藤哲也を推します。

 

人によっては、二冠統一、初代IWGP世界ヘビー級王者の飯伏世代。

遂にてっぺんを奪ったザ・ドラゴン、鷹木世代かもしれません。

 

それでも、内藤哲也の発言力、ベルトを持っていなくても常に中心に立ち、存在感を発揮し続けている制御不能のカリスマは群を抜いてます。

 

逸材・棚橋弘至をして、内藤は、” 別格 ” と話します。

www.njpw.co.jp

7.25 東京ドーム

メインは、鷹木信悟飯伏幸太IWGP世界ヘビー級選手権。

セミは、内藤、SANADA組対タイチ、ザックのIWGPタッグ選手権。

 

ここでも内藤世代を中心としたマッチメイクです。

果たして、いかに記憶と、インパクトをのこす試合を見せてくれるのか、東京ドーム大会が待ちきれません!