website
statistics

プロレスこそものの上手なれ。

新日本を中心としたプロレスブログ。試合の迫力や選手の自己主張等、他のスポーツと違うプロレスの面白さをお伝えしていきます

新日本 内藤哲也 まさかの敗北! SANADAとのタッグが始動!?


プロレスランキング

ケイオス NEVER6人防衛 新記録のV5!

6.2 NEVER無差別級6人タッグ選手権

YOSHI-HASHI、石井智弘、後藤洋央紀(31分15秒 バタフライロック)✖BUSHI、SANADA、内藤哲也

 

この結果には、正直、驚きます。

もう、十中八九 L I J が勝利して、次のチャレンジャーチームがなだれ込んでくるか、あるいは内藤が逆指名するか・・・ブログのネタに考えてました(笑)

 

前回の対ケイオス戦といい、下馬評を覆して、5回連続防衛し、新記録樹立。

 

後藤も石井も、YOSHI-HASHI を上手くサポートし、蝶野正洋が編み出した、バタフライロックを自らの技として昇華させ、BUSHIからギブアップ勝利(31分15秒)

 

内藤哲也も完敗を認め、タッグ戦線もプロレスの醍醐味だと改めて気づいたようです。

内藤哲也、SANADAとタッグ戦線出陣か

バックステージで内藤は非常に気になる発言をします。

内藤「SANADAとのタッグも、アリなのかな、今シリーズ、よく組んでたしね」

 

これは、非常に興味深い発言。

内藤は、常にオクパードで、シングル戦線で大活躍しており、腰を据えてタッグ戦線に参入する暇が無かった。

 

SANADAも、L I J 当初は、暗闇王、EVILとのタッグチームで活躍。

 

その後は、鷹木信悟をTKGと呼び、新たなタッグチームの動きが見える。

 

しかし、鷹木信悟がシングルでグイグイいくことでタッグチームしては、現状は機能しておらず。

 

SANADAも、内藤と組んでIWGPタッグを狙うことは、新しい光景であり刺激にもなると話す。

 

内藤哲也の本格的タッグチームとなると、記憶では、あの伝説的なタッグチーム。

 

裕次郎と結成した、NO LIMIT 以来ではないでしょうか。

 

シングルにしても、内藤と石井の激しいぶつかり合いは、NEVER6人の前哨戦だけで終わるのか?

いや、その先も是非、見たいところです。

 

内藤の発言から読み取る限り、IWGP世界にはまだ出撃しないようです。

 

ここは、タッグタイトル奪りに動きそうな予感です。

 しかし、その先は、トランキーロ、あっせんなよ!と答えるでしょう。

6/2 後楽園ホール 観衆/447人