website
statistics

プロレスこそものの上手なれ。

新日本を中心としたプロレスブログ。試合の迫力や選手の自己主張等、他のスポーツと違うプロレスの面白さをお伝えしていきます

新日本 NEVER 奪取は BUSHIに懸かってる!


プロレスランキング

個ではなく、チームを選んだ内藤哲也

後楽園3連戦最終戦で、目標を明確にした内藤哲也

SANADAとBUSHIと組んでのNEVER無差別級 6人タッグ 挑戦表明!

 

この制御"有効"な行動に驚いたファンも多かったのでは。

私は、予想外でした。

 

何故なら、内藤が 6人タッグ挑戦と言うこと自体 L I J で以降で記憶にありません。

まして、IWGPに向かうのを個人的に期待していたこともあります。

 

鷹木信悟が先に名乗りを上げていた分、今回もお手並み拝見な部分もあるでしょう。

 

そして、SANADAとBUSHIの二人の今の気持ちを声に出して伝えて欲しかったのもある気がします。

 

www.tokyo-sports.co.jp

 

後楽園で、王者組のYOSHI-HASHIに、デモンストレーションを起こしたのでタイトルマッチは決定でしょう。

 

YOSHI-HASHI救出に、後藤洋央紀が棒を片手に、L I J 勢を蹴散らしたのは良かった。

何故か、後藤が殿に見えた(笑)

 

しかし、YOSHI-HASHIを3人でストンピングする L I J を見て、超久々に反体制ユニット振りを見た気がして新鮮でした。

勝つも負けるもBUSHI次第

では、ロスインゴ・ベルナブレス・デ・ハポンが、前回、東京棒ストーリーで大注目を集めた(笑)

KENTA 率いるバレットクラブを倒し、盤石の強さに磨きをかけた石井智弘・YOSHI-HASHI後藤洋央紀

 

ケイオス軍を倒すとすれば、カギを握るのはおそらくBUSHIでしょう。

 

内藤とSANADAが王者組に後れをとるとも思えないし、各々の実力も突出してます。

 

BUSHI も実力は充分ですが、ジュニアヘビーのハンデはあります。

 

体重差が無い訳がなく、そのためのヘビーとジュニアの階級別です。

 

しかし、BUSHIは、福岡国際センターを最終戦としてロングシリーズ。

 

勢いのあり過ぎた ユナイテッド・エンパイア勢と連日、連夜対戦。

 

そして、スーパーヘビー級、ジェフ・コブのツアー・オブ・ジ・アイランドを何度も何度も受けまくります。

 

かなりのダメージはあったでしょうが、逆にヘビー級の攻撃への相当な耐性が付いた筈です。

言うなれば、サイヤ人が絶命しかけて、大きくパワーアップする様なもんです、多分(笑)

 

コブやヘナーレらの外人勢に比べれば、石井やYOSHI-HASHIはそこまでウェイトも変わらりません。

 

荒武者は、石森太二にコロコロ、丸め込まれていたので充分に隙あり(笑)

 

ヒロムがいない中、BUSHI がピンフォール取らないと、たとえタイトルマッチで勝ってもそこまでの意義がないように思えます。

 

YOSHI-HASHIが勝って、コノヤロー!って言うのか。

ハポンの(心の)大合唱になるのか、大注目のタイトルマッチです。