プロレスこそものの上手なれ。

新日本を中心にスターダム等のプロレスの面白さを綴っていくブログです。

新日本 3.21 仙台 オスプレイ NJC優勝!ビー・プレストリーに別離のオスカッター!

鷹木信悟 常在戦場に偽りなし! いざ、風林火山

3.21宮城・ゼビオアリーナ仙台 観衆:2299人

ニュージャパンカップ 2021 決勝戦 時間無制限1本勝負 

ファイナリストは、鷹木 信悟 と ウィル・オスプレイ

オカダカズチカ 後藤洋央紀 KENTA EVIL を薙ぎ倒してきました。

 

世界一過酷なリーグ戦 G1クライマックスは一度、二度負けたとしても、まだ優勝の可能性はあります。

しかし、トーナメントは一度、負ければそれで終わり。

過密日程の中、激闘・熱闘を日々、繰り広げてきます。

鷹木は、ドラゴンゲート時代に、年間最高の舞台である神戸ワールド記念ホールでのメインイベントを何度も務めてきました。

大舞台には慣れているとしても、新日本プロレスに参戦した中で、最大の大舞台が今日の決勝戦であり、鷹木待望論が激烈に膨張しています。

 

鷹木は公式サイトの日記でこう述べています。

「NJCを完全優勝し、更に高い天辺の頂を狙う。それから、新日本で1番桜が似合う男は俺だと自負してる(笑) 令和の春男になってやるぜ」

と、新しい春男は、甲府龍王鷹木信悟しかいない!

オスプレイが実力行使! 恋人に決別のオスカッター!

入場時に鷹木は日本刀を持ち、オスプレイに突きつける。

ロックアップから始まるも、鷹木は早くもMADE IN JAPANを仕掛けるが不発。オスプレイサマーソルトキックから延髄斬りを打ち抜く。

 

この試合は、ちょこちょことビー・プレストリーが介入し、鷹木の攻撃の畳みかけを阻止。東郷や外道と違い、手が出せない分、やっかいな存在です。

鷹木もオスプレイの骨折している鼻を容赦なく摘まむ。

オスプレイのオーバーヘッドキックをキャッチした鷹木はデスバレーで叩きつけて、追撃にいくもビーが盾になっていけず、その隙をオスプレイがフロントキック。

相手は女子王者にもなれるレスラーなんだし、鷹木かましてもいいんじゃないか?

 

勝戦だけに互いに何としても勝ちたい。不発に終わっていたテーブル攻撃がこの終盤戦で戦況を大きく左右する。

f:id:hirotasun:20210321180953p:plain

画像出典:NJPWサイト

オスプレイは、場外のテーブルに鷹木を載せて、なんとファイヤーバード・スプラッシュを投下!

 

大ダメージを受けた、鷹木はなんとかカウント19で戻るが、オスプレイは更に追撃。トドメのシュースティング・スタープレス!

あれだけ、体重を増やしたのに、これだけ動けるオスプレイのレベルが違うというのも嘘ではない。

しかし、星屑葬もカウント2でキックアウトした鷹木。

鷹木待望論はマグマのように煮え立っているだけに、優勝してほしい。

 

鷹木もMADE IN JAPANで反撃。続けてパンピングボンバー。

そして、龍の一撃、ラスト・オブ・ザ・ドラゴンのセットアップに入るが、オスプレイも最大の警戒をしており、回転十字固めで切り返す。

 

f:id:hirotasun:20210321181024p:plain

結果、この試合、一度もラスト・オブ・ザ・ドラゴンを決めることが出来ず。

鷹木も奥の手と思えるリバース・フランケンを繰り出し、パンピングを出すが、オスプレイと言えばともいえるスパニッシュ・フライで切り返す。

 

そして、かつて飯伏を戦闘不能にし欠場させた隠し刀のヒドゥン・ブレイドで鷹木の後頭部を打ち抜き、最後は絶対必殺のストーム・ブレイカーでピンフォール

30分のロンゲストマッチを制し、ニュージャパンカップ初優勝を遂げる。

 

そして、オスプレイが飯伏に宣戦布告!ここまでは、よく分かります。

しかし、その後に、あれだけ尽くしてきたビー・プレストリーにその場飛びのオスカッターを喰らわせる!

えぇ! 鷹木だって我慢し、攻撃してないのに、どうなってんだ、これは!

別れるのか、二人は⁉(笑)

 

スターダム仙台大会で試合を終えたばかりのその足で駆け付けたビーにひどい仕打ちのオスプレイ

この行動で、ユナイテッド・エンパイアの立ち位置はヒールと衆目に認識させたかったのかもしれない。

そのビーに飯伏が肩を貸して、一緒に退場していくという不思議な光景。

f:id:hirotasun:20210321181101p:plain

 

試合後のコメントで、それこそ聖帝サウザーのようなことを言ってますが(笑)結局のところ、別れたかったようにも見える皇帝オスプレイ

 ウィル・オスプレイ(30分6秒 ストームブレイカー)鷹木信悟

オスプレイがNEW JAPAN CUP 2021 優勝(初)

鷹木信悟 Come On Stand UP!

対する鷹木信悟のショックは相当に大きなものではないか。

スーパージュニアに続いて、NJC決勝戦でもオスプレイに連敗。

鷹木の優勝を仙台のファンだけではなく、全国のファンが後押ししてたはず。

常に激烈な闘いを見せたきただけに未だ信じられません。

しかし、常在戦場 鷹木は立ち上がり、再びのライジング・ドラゴンを見せてくれるはず!


プロレスランキング

4月4日史上最高のニュージャパンカップで優勝したオスプレイと飯伏が新設されたIWGP世界ヘビー級王座を懸けて、雌雄を決します。

https://prokin-mix.net/entry/njpw.tv-takagi

↑上記の投稿は、鷹木がBS朝日・オレのメモリアルバウトに出演した時に、鷹木が選んだ珠玉のベストバウト二試合について書いています。