website
statistics

プロレスこそものの上手なれ。

新日本を中心としたプロレスブログ。試合の迫力や選手の自己主張等、他のスポーツと違うプロレスの面白さをお伝えしていきます

オーカーン 罰ゲーム遂行。余が次のキングピン!


プロレスランキング

オーカーン屈辱の罰ゲーム執行

内藤哲也との広島シングル決戦で敗けたにも関わらず、自らが言い出した罰ゲームを反故にしていたグレート・オーカーン。

 

しかし、今になって何を思ったのか(笑)BUSHIがオーナーでもある丸武商店の唐揚げを購入。

www.tokyo-sports.co.jp

意外に似合っているロスインゴ・ベルナブレス・デ・ハポンのTシャツを着てご満悦にも見えます(笑)

 

とりあえずの漢を見せるオーカーンですが、余が帝国は危機的状況にも見えます。

余が次のキングピンじゃ!

 ウィル・オスプレイの長期離脱、アーロン・ヘナーレの不参加とユナイテッド・エンパイア的には、前シリーズの勢いが完全に失速。

 

しかし、ジェフ・コブに関しては、飯伏幸太との激し過ぎるマッチアップ、バックステージでのエンターテインメント振りも発揮(笑)

間違いなく現在の中心物の一人です。

 

しかし、グレート・オーカーンは名古屋から後楽園2戦目まで沈黙を守ります。

どうした、オーカーンと思っていたところ、最終戦でようやく口を開く。


オーカーン「余が・・・簡単に言やぁ、政治的集団の中心的な人物に、余が、なる!帝国を、そして、新日本プロレスを導く」

と発言し、オスプレイ不在の間は、自身がキング・ピンになると宣言。

 

そうこないと面白くありません。こうなったからには、オーカーンとしてのチャンスとして、捉えて、リーダーがいないとはいえ、エンパイアのトップはオスプレイ

 

オーカーンにせよ、ジェフ・コブにしても、オスプレイと肩を並べるチャンス。

次の次の、NEVER6人タッグチャレンジャーは、エンパイアの3人しかいない!