プロレスこそものの上手なれ。

新日本を中心にスターダム等のプロレスの面白さを綴っていくブログです。

新日本プロレス YOH 復帰戦 3Kでいくのか? それとも脱退か?

4.4 両国国技館 2大タイトルマッチ展望

4日のビッグマッチ:SAKURA GENESIS が待ちきれない新日本プロレス

最大の見所は、IWGP世界ヘビー級選手権。

f:id:hirotasun:20210330200924p:plain

王者・飯伏幸太ウィル・オスプレイが挑戦する初防衛戦。

短期シリーズながらも両雄は連日ぶつかり闘いの機運を高めてきました。

 

タイトルマッチ当日は、新メンバー投入もあるだけに、オスプレイが単独で闘うのか、ユニット総出で奪いにくるのかにも注目です。

飯伏には不利でしかありませんが、そこを乗り越えてこそ、逃げない・負けない・諦めない、更に最近は裏切らないとも・・・ゴールデンスターに大注目します。

両国では、もう一試合タイトルマッチが組まれています。

YOHは留まるか? 動くのか? 

セミファイナルにIWGPジュニアタッグ選手権試合

王者 金丸義信エル・デスペラード vs SHO・YOH 挑戦者

一番の焦点は、SHOの長期欠場からの復帰戦がタイトルマッチであり、普通に試合をするのか? それとも、サプライズを起こすのか?

www.tokyo-sports.co.jp

復帰=タイトルマッチ!?との賛否両論というより否が圧倒的ですが、実力的には、ROPPONGI 3Kとして何度もタッグベルトに戴冠しているので、問題ないでしょう。

敢えて、前哨戦に出場しなかったのは、一発でタイトルを奪取!というインパクトの演出か?

 

それとも、SHOを裏切って、新たな道へ進むためのアクションに注目が集まります。

SHOがシングルプレイヤーとして大きく頭角をあらわし、凄まじいプレッシャーの中、敗北しましたが、IWGPジュニアタイトルマッチをヒロム相手に戦い抜きます。

ヒロム不在のため、ジュニアタッグチーム不足もありますが、もう一度、3Kがジュニアを盛り上げていくぞ!となってもピンとこない部分もあります。

SHOを見限り(裏切って)ケイオスも脱退し、別ユニットへ行くことも考えられます。

見据えるユニットはどこか?

先ずユナイテッド・エンパイアの新メンバーとも考えましたが、試合順的にここで出てきてはタイトルマッチでのインパクトはないのでないでしょう。

バレットクラブだと安易な気がします。しかも、EVILやKENTA等飽和状態。

 

となると・・・ロスインゴ・ベルナブレス・デ・ハポンの可能性はどうか?

事前に必ず情報を匂わす内藤哲也が何も発しておらず、可能性は薄いです。

しかし、ヒロムがいないため、BUSHIはタッグ戦線にも出られません。

群雄割拠のユニットの中、ロスインゴは実力・人気共に一歩も二歩もリードしているだけに、もしここにきたら面白い気がします。

全くの的外れもあり得ますが(笑)プロレスの面白さは、勝敗予想をするだけじゃない。

 

どのような経緯で試合が組まれて、どのように進展するのか、あれこれ考える思案するのもプロレスの楽しみ方です。

いずれにせよ、NEVERもジュニアヘビーのタイトルマッチも組まれない中、セミに組まれたIWGPジュニアタッグ選手権に注目です。


プロレスランキング