website
statistics

プロレスこそものの上手なれ。

新日本を中心としたプロレスブログ。試合の迫力や選手の自己主張等、他のスポーツと違うプロレスの面白さをお伝えしていきます

新日本 YOH DIRECT DRIVE で IWGPジュニア戴冠なるか?


プロレスランキング

6.7 YOH、大阪城ホールで悲願達成なるか!?

福岡国際センターで延期となっていた王座戦がおよそ1か月を経て実現します。

IWGPジュニアヘビー級選手権

王者 エル・デスペラードに、YOHが挑みます。

 

YOHは、SHOとのROPPONGI3K で、金丸、デスペラードの王者組から復帰一発目で、タッグタイトル戴冠というど派手な復帰戦を飾ります。

 

SHOとのタッグ解消や、ケイオス脱退等の噂もありましたが、周囲の想像以上に二人の絆はとても深い。

 

更に、試合後にはデスペラードIWGPジュニアヘビーシングルにも挑戦表明。

 

DOMINION 6.6 in OSAKA-JO HALL – 大阪・大阪城ホール | 新日本プロレスリング

 

デスペラードのタイトル挑戦の交換条件に提示された、タッグタイトルのリマッチも、二人だけのツープラトン " ストロング X " で返り討ちにとる。

好きなコトがヒントとなった " DIRECT DRIVE "

機運が高まりまくっていたところに、コロナ渦が原因でカードが延期。

 

当分、ないかなぁと考えていたら、大阪城の3大ビッグマッチの1つとしてマッチメイクされます。

 

正直、デスペラードは強さには安定感があり、昨年のヒロムとのスーパージュニアの決勝戦飯伏幸太との二冠戦を経て、ものすごい経験値がアップしている。

 

勝つのは、至難ですが、YOHは欠場中にレコード関係にドハマりしたらしく、新技・DIRECT DRIVE を思いついたキッカケにも関係していると話します。

 

更に、他にも新技の用意はあると強気のコメント。

何よりも、バックステージでのコメントや、取材時での発言を見る限り、気持ちの強さ、乗り越えてきた強さを感じる。

 

よく、YOHの本当の感情を出せや、キレイにまとまるなとか言われますが、今はそんなことはないと思います。

 

YOHが一気に駆け上がり、3k対決を実現させるのか?

それとも、デスペラードが、そんな甘いもんじゃねぇ!と弾き返すのか?

6.6 大阪、仕切り直しのIWGPジュニアヘビー級選手権に要注目です。