プロレスこそものの上手なれ。

新日本を中心としたプロレスブログ。試合の迫力や選手の自己主張等、他のスポーツと違うプロレスの面白さをお伝えしていきます

新日本プロレス 東京ドーム:1.4&1.5 主要試合展望 最後に王者として立っているのは誰だ!?

※出場選手不明の試合とダークマッチ以外は勝敗予想から除外しています

 

1月4日:バルサン Presents WRESTLE KINGDOM 15 in 東京ドーム

第0試合:KOPW2021 進出権争奪ニュージャパンランボー/参加選手不明

誰が権利を争奪し、大舞台の連戦に出場できるのか?

第1試合:BEST OF THE SUPER Jr.27 覇者vsSUPER J-CUP 優勝者 

BOSJ27 ○高橋ヒロムvsエル・ファンタズモ J-CUP覇者

2021年の一発目の試合が東京ドーム。勝てば翌日のIWGPジュニアに挑戦決定。そして、ビッグマッチの連戦に出場できるとあればヒロムのテンションは最大マックスでしょう! ヒロムが勝って、翌日に繋げるでしょう。

第2試合:IWGPタッグ選手権試合

王者○タイチ・ザック・セイバーJr vs タンガ・ロアタマ・トンガ 挑戦者

どちらが勝って今後の展開が盛り上がるかを考えると、現王者組と考えます。

第3試合:IWGP USヘビー級 王座挑戦権利証争奪戦

王者○KENTA vs 小島聡 挑戦者

コジに勝って欲しいですが、KENTAの勝利で権利証防衛戦のループでしょう

f:id:hirotasun:20210102202109j:plain


第4試合 スペシャシングルマッチ

棚橋弘至 vs グレートーO-カーン〇 

O‐カーンが勝利して、次々期IWGPヘビー級に名乗り上げるでしょう

第5試合 スペシャシングルマッチ

オカダ・カズチカ vs ウイル・オスプレイ

1.4で最も勝敗予想が難しいカードですが、期待も込めてオカダの勝利

第6試合:IWGPヘビー・IWGPインターコンチネンタルダブル選手権試合

王者 内藤哲也 vs 飯伏幸太 ○挑戦者 

素晴らしい大熱戦になると思います。勝利予想は飯伏です。しかし、5日に観戦されるファンはどちらかを観れないのは、非常に残念でしょう

f:id:hirotasun:20210102202150j:plain

1月5日:バルサン Presents WRESTLE KINGDOM 15 in 東京ドーム

ダークマッチ1試合目:スターダム提供試合1

AZM・上谷沙弥・林下詩美 vs なつぽい・ひめか・舞華

新日ファンをスターダムファンにしてほしい楽しみな6人タッグ

ダークマッチ2試合目:スターダム提供試合2

中野たむ岩谷麻優 vs 朱里・ジュリア

アイコンと女子プロ大賞の激突。これぞスターダム!の試合を期待

第1試合:KOPW2021 決定戦 4WAY マッチ

前日の進出決定戦から、誰が上がってくるか新設された選手権マッチ

第2試合:IWGPジュニアタッグ選手権試合

王者 金丸義信エル・デスペラード vs 田口隆祐・マスター・ワト 挑戦者〇

大番狂わせを起こして欲しい。マスターと共に。

第3試合:60分1本勝負 NEVER 無差別級選手権試合 

王者 ○ 鷹木信悟 vs ジェフ・コブ 挑戦者

想像以上の肉弾戦が展開される中、ラストオブザドラゴン炸裂で鷹木勝利!

 

第4試合:スペシャシングルマッチ

○ SANADA vs キング・オブ・ダークネス EVIL

どちらが勝っても先の展開が見えませんが、SANADAが勝利を予想

第5試合:IWGPジュニアヘビー級選手権試合

王者 ○ 石森太二 vs 高橋ヒロム ○ 挑戦者

4日に引き続き、ヒロムが連勝し IWGPジュニアを奪還し勢いを加速させる

第6試合:IWGPヘビー級・IWGPインターコンチネンタルダブル選手権試合

王者 ○ 飯伏幸太 vs ジェイ・ホワイト 

この試合は、非常に迷います。前日飯伏が勝利するが、一日天下の可能性あり。しかし、実力の世界とはいえ、それでは飯伏が不憫なので、希望も込めて飯伏が勝利し、二冠を初防衛。

f:id:hirotasun:20210102205324j:plain

あとがき

興味深いカードが揃っています。揃っていますが、コロナの影響が非常に大きいことも分かりますが、カード数が少ないのではと思わざるえないです。

後藤や、鈴木も石井もニュージャパンランボーには出るのでしょうが、残念な役回りですし、内藤は言葉にも出していますが、東京ドーム大会に片側しか出れないのは、レスラーにとって損というのは、偽らざる本音でしょう。

それでも、この大会の成功が、プロレス界にとって大きな良い波になるのは間違いないので、名勝負を期待したいです。

最後まで、ご覧いただきありがとうございました。