website
statistics

プロレスこそものの上手なれ。

新日本を中心としたプロレスブログ。試合の迫力や選手の自己主張等、他のスポーツと違うプロレスの面白さをお伝えしていきます

新日本 4.20 NEVER 王座 ケイオス防衛! 後藤「生きて、生き抜こうぜ!」


プロレスランキング にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
にほんブログ村

決着をつけるNEVER6人タッグ タイトルマッチ

開幕戦から連日、前哨戦を繰り広げ、昨夜にそれぞれ因縁のできた相手とシングル戦を行った王者 ケイオスと挑戦者 バレットクラブ。


バレットが2勝1敗と勝ち越した勢いままNEVER王座も奪取するか?

それとも、棒も奪われた上に、王座まで失くしたら立ち直る術が見つからないケイオス。

 

それだけに、この王座戦だけは是が非でも勝利せねばならない試合です。

勢いにしろ話題性にしろ、ケイオスが明らかな不利に見えるだけに勝機はあるのか?

ケイオス王者組が4度目の防衛に成功!

KENTAは入場時から棒を持って登場。

昨夜は、棒とKENTAに観客が若干、飽きてると嘆き節(笑)

 

序盤は、昨夜、敗退した後藤が捕まる展開。

場外では鉄柵、リングでは石森に金具むき出しのコーナーへハンマースルー攻撃等の苦しい展開。荒武者、頑張れ!

 

しかし、何とか抜け出して、石井にタッチ。

石井がKENTAにショルダータックル、裕次郎にはパワースラム!

 

試合は終盤、遂にKENTAが棒ちゃんを取り出し、後藤をかばった石井に棒で一撃。

 

レフェリーが棒をKENTAに渡すように注意するが、聞くKENTAではない。

しかし、その隙を付いてYOSHI-HASHIがトラースキック一閃で棒を奪還。

返す棒(刀)で裕次郎と石森にも一撃を浴びせる!

 

最後は、後藤が石森のYes Lock を耐えてごつんとヘッドバット

GTWからのGTRで石森をピンフォール

昨夜の敗退のお返しを荒武者が石森にきっちりと返礼。

 

画像出典引用:NJPWサイト

f:id:hirotasun:20210420213203p:plain

ケイオスも防衛に成功し、安堵の表情でしょうか。

 

第5試合 NEVER 無差別級6人タッグ選手権試合

YOSHI-HASHI、石井智弘、〇後藤洋央紀(20分14秒 GTR)✖石森太二高橋裕二郎、KENTA

 

正直、王者チームが負けて、リベンジループになるかと予想しましたが、ここはケイオスが4度目の防衛を成功させる。

オカダ不在でもケイオスには俺たちがいるぞ!

 

画像出典引用:NJPWサイト

f:id:hirotasun:20210420213311p:plain

もう俺はお前を二度と離さない!

 

後藤「YOSHI-HASHIの棒が帰ってきました。コロナにもプロレスは負けません!日常を取り戻すまで、生きて、生きて、生き抜こうぜ!」きっちりと締めます。

 

YOSHI-HASHIはこれからも変わらず、棒を持ち続けるのだろうか。


プロレスランキング