website
statistics

プロレスこそものの上手なれ。

新日本を中心としたプロレスブログ。試合の迫力や選手の自己主張等、他のスポーツと違うプロレスの面白さをお伝えしていきます

新日本 後楽園 後藤洋央紀 覇道達成のチャンス!


プロレスランキング

5月24-26日 後楽園ホール3連戦 

後楽園大会の3連戦の全試合カードが発表されます。

要点として気づいたのは3つあります。

 

・第1試合の辻陽太の対戦相手

・L・I・J 対 ケイオスのユニット対決

飯伏幸太対ジェフ・コブのアスリート頂上決戦。

 

辻としては、これはまたとないチャンス。

名古屋で、YOSHI-HASHI

後楽園で、裕次郎・オーエンズ・そして鷹木信悟戦!

連日、違う先輩との対戦。

 

勝てないまでも、観客やファン、記者に残る試合となれば俄然注目は上がる。

勝てば大金星で、コロナ後の海外遠征に繋がるかもしれない。

 

ツイッター作戦で、内藤哲也戦は実現しませんでした。

しかし、2シリーズ "主役"を務めた鷹木戦は内藤戦に劣らずの対戦相手。

ヤングライオンから、飛び出せるか!辻に注目です。

荒武者・後藤は、内藤を本気にさせるしかない

L・I・J は、ケイオスのヘビー級との8人タッグ戦が連日組まれます。

先シリーズもそうですが、BUSHIとしては厳しい環境。

www.njpw.co.jp

 

ヒロムがいない分、ジュニアでの展開が生まれづらい状況。

しかし、ジェフ・コブのツアーオブジアイランドをあれだけ喰らい、耐性を身につけた分、ケイオスのヘビー勢の攻撃には耐えられるし、勝つ可能性も充分あり得る。

 

そして、両ユニットの試合が、今後の展開に繋がっていくかどうかが重要です。

6月に入るとすぐに、大田区体育館大阪城ホールとビッグマッチがあります。

 

IWGP世界ヘビー級の王座決定戦の展開をしていく必要があります。

現時点で、オカダカズチカも不出場。

 

で・あ・れ・ば、内藤哲也が出てくるしかないのではないか?

そのに、このマッチメイクでメインの相手になるのは、希望的観測も込めて、荒武者・後藤洋央紀しかいないでしょう。

 

実績も話題性も、内藤哲也が先輩の後藤洋央紀を完全に上回っている。

後藤にすれば、悔しい気持ちは高いですが、ここは後藤からいかないと始まらない。

 

モタモタしてれば、石井やYOSHI-HASHIにも先を越される可能性もある。

荒武者は名古屋、後楽園と全戦で内藤とぶつかります。

 

後藤は、先シリーズでNEVER6人タッグ防衛という結果も残してます。

これは、フロントサイドもこの機会を活かせという意思表示かもしれない。

 

不本意な部分もあるにせよ、これはIWGP世界ヘビーに後藤が絡む好機です。

後藤洋央紀への期待度は、強ければ荒武者、ヘタ打つと殿(笑)と言いつつも、まだまだ期待値は高いです。

 

ここは、後藤洋央紀の 新たな "覇道" を見せてほしい。