プロレスこそものの上手なれ。

新日本を中心としたプロレスブログ。試合の迫力や選手の自己主張等、他のスポーツと違うプロレスの面白さをお伝えしていきます

新日本 5.3 たなはしぃ! ジェイ・ホワイト NEVER 戴冠で4冠達成!

L・I・J 8人タッグの連敗ストップ。鷹木に繋ぐ!

ロスインゴ・ベルナブレス・デ・ハポン対ユナイテッド・エンパイア

13連敗中の L・I・J がSANADAのオコーナーブリッジでヘナーレから勝利(11分31秒)

ヘナーレとしては、最も負けたくない技でとられただけに屈辱。

 

一気に変貌を遂げたヘナーレですが、L・I・J もようやく攻略し始める。

これだけ連日メインで闘ってくればキャリアの差が出てきた模様。

しかし、毎シリーズ経験を積んだら、手が付けられなくなる怖さがある。

 

飯伏とのシングルに気合が入りまくってるジェフ・コブ。

コブは、あの巨躯で、ジュニア戦士でも難しいその場飛びムーンサルトプレスをBUSHIに決めて見せる。

このオリンピック・アスリートの身体能力はヤバ過ぎる!

 

明日、天下分け目の頂上決戦を控えるオスプレイと鷹木は、のっけから激しいエルボーの応酬。

 

画像出典引用:NJPWサイト

f:id:hirotasun:20210503220047p:plain

オスプレイ、明日はそのベルト俺が戴くぞ!

 試合後も、互いに未遂に終わるが、ストームブレイカーとラスト・オブ・ザ・ドラゴンを見舞おうとする。

出し惜しみなしで少しでも、相手にダメージを負わせようと両選手待ったなしの状況。

 

だが、負け続けてきたL・I・J の勝利のいい流れが鷹木信吾を後押しする!

しかも、鷹木「いつになく調子がいい。しかも秘策がある」

これはザ・ドラゴン 鷹木信悟、楽しみ以外の何物でもない!

スイッチブレイド、NEVER 戴冠 "Still My ERA!"

試合開始から、両者、相手の機動力を奪おうと、ジェイは棚橋の挑発の意味でも、テキサスクローバーやTTOで畳みかけていく。

 

しかし、今シリーズを一人前哨戦で盛り上げてきた棚橋は、ハイフライフローをジェイの膝にぶつけて、大ダメージを負わせる。

 

更に、トドメのテキサスクローバーホールドで実際、ジェイからタップアウトを奪うが・・外道がレフェリーの気を逸らしギブアップが成立せず!

 

外道、コノヤロー、ここで出てくるか!

 

九死に一生を得たジェイは、一撃必倒・ブレードランナーを決めてピンフォール

念願のNEVER王座を奪取し、ジェイ・ホワイトが初の4冠王に戴冠。

 

外道の邪魔立てがあったにせよ、39分01秒のロンゲスト・マッチ。

いかに激しく、スリリングな試合だったのは想像に難くない。

 

棚橋弘至、またも大舞台の王座戦ジェイ・ホワイトに負けてしまう。

ここは勝って欲しかったなぁ、棚橋・・・

 

これで、新日本プロレスの2代ヘビー王座は米英の外国人王者が独占。

明日の日本の鷹木信悟に懸けるしかない。

2021/5/3 福岡国際センター 観衆:2211人


プロレスランキング