プロレスこそものの上手なれ。

新日本を中心としたプロレスブログ。試合の迫力や選手の自己主張等、他のスポーツと違うプロレスの面白さをお伝えしていきます

新日本 飯伏幸太-ジェフ・コブ 戦はハマスタか? "刺激がまだまだ足りない"

飯伏久々の試合で躍動。コメントも特に饒舌

4.29 鹿児島のワンマッチで復活、凱旋する飯伏幸太

本隊の棚橋弘至と組み、今シリーズの勢いが凄まじい、ジェフ・コブ、アーロン・ヘナーレの強力コンビと対戦。

飯伏は先発を買って出て、互いに意中の相手であるコブとマッチアップ。

のっけから、両者ノーガード戦法で、エルボー合戦を展開。

コブは、飯伏に場外で馬乗りとなりナックルパートを浴びせるなど、地元ヒーローに対しヒールに徹する。


試合は、棚橋が思ったよりも威力がある(笑)ハイフライ・フローでかつての後輩・ヘナーレからピンフォール

毎度、腹筋の話をする逸材にもエンジンがかかってくる。さしずめ、MUSCLE & ENERGYか。

画像出典引用:NJPWサイト f:id:hirotasun:20210429194130p:plain

飯伏はバックステージで、喋りにしゃべる。こんなに話した飯伏は見たことがないほどに饒舌(笑)

飯伏には、この試合だけで必ず因縁、闘う相手をつくる必要がありました。

ジェフも昭和57年会、S57はプロレス界の黄金世代

飯伏幸太は、このロングシリーズ中、鹿児島大会が2連戦にも関わらず、29日のワンマッチ限定出場。

過酷なタイトルマッチのオーバーホールとはいえ、本人としても物足りたいのか。 試合後、言いたいこと、伝えたいことが湯水のように溢れ出る。

www.njpw.co.jp

IWGP世界ヘビー級タイトル陥落についても話していますが、注目すべきはジェフ・コブについてです。

飯伏としても、オリンピック・アスリートであるコブは、相手にとって申し分ない、いや自分から闘ってくださいというぐらいの高評価。

飯伏は「僕がいちばん弱い部分、一番求めているのはアスリートですよ。その能力をジェフは絶対に持ってる」

飯伏はシングルで闘ってその能力を吸収したい。

そして、この試合で必ず飯伏が次に出場するであろう超ビッグマッチ・横浜スタジアムでの相手を特定する必要があった。

相手のジェフも「そうだ!俺が待ちわびていたのはこれだ! とにかく、いつ飯伏とシングルで戦えるのか速く教えてくれ! やってやろうじゃねぇか!」逸る気持ちが抑えられない。

地元凱旋の鹿児島大会は2連戦であるにかかわらず、”一戦集中”に絞ったゴールデンスター。
飯伏幸太「だからプロレスをたくさんしたい。もっともっと」


プロレスランキング