website
statistics

プロレスこそものの上手なれ。

新日本を中心としたプロレスブログ。試合の迫力や選手の自己主張等、他のスポーツと違うプロレスの面白さをお伝えしていきます

新日本プロレス アプリ 動画 CS メディアミックスも最先端を走る!


プロレスランキング にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
にほんブログ村

新日本プロレスワールドはリング外も拡大中

創立50周年迄後数年、1972年創立の新日本プロレス

日本のスーパースター・燃える闘魂 アントニオ猪木が旗揚げ。

同時代にマッチョドラゴン 藤波辰爾、革命戦士 長州力

黄金の虎 タイガーマスクがアニメのタイガーマスク二世のタイアップだったに拘らず、本家よりも大人気となる(笑)大ブームを巻き起こす。

1990年代、世界の荒鷲 坂口征二が社長に就任し、右腕として長州力が現場監督として舵を取る。

その時代、希代のスーパースター・闘魂三銃士武藤敬司蝶野正洋橋本真也が大活躍。

真夏の祭典 G1CLIMAXもこの時代に初開催。ダークホース・白い蝶野正洋が2連覇!

東京ドーム以外の、福岡や名古屋ドームらも巻き込んだドームツアーを開催する正に黄金期。

その後、新日本暗黒期と言われる時期を乗り越えて、ブシロードが親会社となりV字回復を達成。

現在、レインメーカー・オカダカズチカ、制御不能男・内藤哲也、逸材・棚橋弘至らの日本人スターの圧倒的な存在感。

画像出典引用:NJPWサイト f:id:hirotasun:20210105204934p:plain 必殺のレインメーカーを振り抜くオカダカズチカ

皇帝 ウィル・オスプレイやスイッチブレイド ジェイ・ホワイトという世界戦略へのキープレイヤーとなるスーパースターを輩出。

国内外のプロレスラー達が活躍することで新日本はさらなる隆盛、収益を上げようとしています。

エンターテインメントの完成形・WWEに追いつき、追い越せるのは新日本プロレスだけです。

そのためには、リング上だけでなく、様々なキラーコンテンツが必要。

試合以外のオフショット等、レスラーの様々な顔や活躍を見ることの出来るコンテンツが多数存在。

セルリアンブルーのマット上以外の観点から、新日本プロレスの進撃を見ていきます。

新日本プロレスワールド/NJPW WORLD

新日本プロレステレビ朝日が共同運営している有料のオフィシャル動画サイト

新日本プロレスの生中継の見逃し配信も可能で月額999円で視聴できる!

このサイトでしか見られないオリジナル映像も満載。

しかも無料コンテンツも多数用意されており、バックステージインタビューで生の声が聴けます。

画像出典引用:NJPWサイト f:id:hirotasun:20210410214234p:plain ザ・ドラゴン 鷹木信悟が吠える!

臨場感ある試合後の選手インタビューは、激闘後だけに一番、熱のこもった言葉が聞くことができる。

ワールドプロレスリングが誇る多すぎるぐらいの(笑)ゲストや解説陣。

理論的な解説に定評のある実業家・ミラノコレクションの煽りVTRも観れる。透明犬は連れていません(笑)

他にも!週に一度、更新される歴代名勝負はフリーで視聴可能です。
米国でも人気がある新日本プロレスワールド。

海外からの加入者数も増加中で、全加入者数のうち、およそ4割が外国人、全体で13万人を超えているとい大人気ぶり。

ワールドプロレスリングや新鋭・新日ちゃん

移り変わりの激しいテレビ番組業界。

放映時間の変更はありつつも、放映開始から50周年!をむかえるテレビ朝日の老舗番組 "ワールドプロレスリング"。

誰もが観れる地上波なので、この番組の波及力は何と言っても大きい。

放送時間も繰り上げされたということは、視聴者とテレ朝首脳陣から見ても可能性のあるコンテンツです。

そして、深い時間帯ながら改編を乗り越えた ”新日ちゃん”

試合映像とは別に普段見られない選手の特集やトークを見ることができるので、選手たちの別の一面が見られます。

最初は、なんて、ふざけた番組タイトルだよ!!(言い方ミラノ風)と率直に思います(笑)

しかし、番組名に反して、人気レスラーの必殺技ランキングや、お洒落なレスラー特集等、選手の別の一面を見ることができる。

つまらないイジリもなく選手へのリスペクトを感じる番組構成にもなっているので好感が持てます。

ヒールレスラーが番組内ではもはや全然ヒールではない(笑)  

金曜8時に新日本プロレスが帰ってくる!

BSテレビ朝日: 金曜夜8時のワールドプロレスリングリターンズ。

再び、この時間帯にプロレスを観れる日がくるとは思っていませんでした。

記念すべき初回に放送された試合は、ニュージャパンカップ2020 公式戦。

SANADA vs EVIL のロスインゴ・ベルナブレス・デ・ハポン対決。

僅か1年前ですが、暗黒王・EVILがL・I・J だったことが懐かしい(笑)

しかも生放送だったので、興奮して見たのをを今でも憶えてます。

1時間番組なので、ビッグマッチはフルサイズで観ることができる。

更に、選手自身がその試合をリモート中継で振り返ることが多いので、興味深い話も聞けます。

自宅で観れる環境の方は、大いに見る価値があります。

CSも多彩な新日本プロレス番組がある

ワールドプロレスリング 俺の激闘ベスト5

プロレスラーとして、バラいろダンディ等の司会も務めたことがあり、年末の顔(笑)でもある黒のカリスマ蝶野正洋

蝶野が司会を務め、現役・引退問わず新日本出身レスラーをゲストに招く。

選手自身がセレクトした激闘5試合を本人と試合を観ながらトークを繰り広げる番組。

f:id:hirotasun:20210502194625p:plain 長州や藤波らとの大先輩トークも面白い

2時間番組と尺が長く、試合以外にも、デビュー当時の話や、海外遠征時の話なども聞くことができる。

アントニオ猪木藤波辰爾長州力武藤敬司など、蝶野にとって大先輩や同期の話などが聞けて非常に面白い。  

ワールドプロレスリング オレのメモリアルバウト!

現在、活躍中の新日本の選手が、自身の思い出にのこる試合を2試合選んで語る30分番組。

1試合目は本人がファン時代に観た試合で、プロレス入りを決意させるような運命の試合の時もあります。

2試合目は自分自身のこれまでの試合の中で、印象に残った試合やベストバウトを選んでます。

出演レスラーには、オカダカズチカ、飯伏幸太棚橋弘至高橋ヒロム等々、豪華な顔ぶれを名を連ねます。

神田伯山の " 真 " 日本プロレス

2021年に始まった番組で、神田伯山と清野アナウンサーが新日本プロレス創設まで遡り、独自の視点で歴史トークする番組。

何しろ、創設時から話しているので、偶然見たときは、アントニオ猪木ビル・ロビンソンの試合についてトークしてました。

二人の軽妙なトークや、現在の新日本選手のどちらかというとバイプレーヤーをフォーカスしたコーナーも面白い。

NJPWスマホサイト

新日本公式スマホサイトであり、試合結果の速報や選手日記、たまにプレゼント祭りもあり。

  家でも、外でも、試合結果や大会情報等の最新ニュースが分かる。

選手の週替わりの日記も面白い。

内藤や鷹木らロスインゴ・ベルナブレス・デ・ハポン勢や、新日本隊、ケイオス等ユニットが主に執筆を担当。

画像出典引用:NJPWサイト f:id:hirotasun:20210502194420p:plain 上記の選手は一部で、他にも内藤やヒロム、後藤、SHO等も担当中。

日記の文章から分かるそれぞれの選手の特徴が面白い。

SANADAは日記もシンプリストらしく、実に質素(笑)

YOSHI-HASHIは、文面からも真面目さが伝わってくるし、実に多くのレスラーが執筆中。

しかし、一つ思うのが、家族の話題等を執筆する選手がいますが、正直、そんなプライベートに興味あるひとがいるのだろうか?

選手本人のプライベートはまだしも、ほんわかした日記は必要ない気がする。

その辺り、週プロでも人気連載を持つ内藤哲也は心得てます。

常に自分のレスラーとしての行き先や、注目している選手などについて書いてくれる。


そうゆうところからみても、内藤は新日本プロレスとお客様について常に考えています。

時間を持て余し気味な、通勤・通学時にでもささっと読むことができる選手日記は面白い!

新日本プロレス オフィシャルファンクラブ

Team NJPWでは、大会チケットの先行予約が出来る。

いい席で、好きな選手の迫力ある試合、技の攻防を見たいなら、一般で売り出される前にゲットできる。

FC会報誌も、プロレス専門誌では企画されない特集、その号巻頭を飾る選手の特集も面白い。

FC会員制度には珍しいシニア会員も用意されているので、世代を超えて応援することできるし、シニア料金は安い。

新日本ゲームアプリ! 5億円プロジェクト!?



ブシロードが、ドリコムと共同開発中のスマートフォンゲームアプリ

新日本プロレス STRONG SPRITS」2021年に世界同時リリースを発表。 youtu.be 動画は内藤得意のファミレスもオマージュしてるので出来がいいし面白い!

世界同時というのが、スケールが大きくてスゴイ!

詳しいことは、関連動画で木谷社長が話しており、内藤哲也も出演!

内藤哲也及びロスインゴ・ベルナブレス・デ・ハポンが主役に据えて、5億円規模のプロジェクトと名言しております。

いや、内藤哲也に言わされているのか(笑)

他にもオカダ・カズチカのラージオシャベリングがスタート。

昔は、外道に喋らせていましたが、今はいい意味でお喋りレインメーカー(笑) audee.jp

真壁刀義がCM出演する「Dream Watch Saint~夢見がちな戦士~」でお馴染みの(笑)スマホアプリ、新日コレクション等々。

これだけメディアミックスがある!ということは、 それだけ、需要と供給があるということでしょう。

内藤哲也の言葉をかりると・・・・

まだ、新日本プロレスを見てないなら、皆さん、焦ったほうがいいですよw