website
statistics

プロレスこそものの上手なれ。

新日本を中心としたプロレスブログ。試合の迫力や選手の自己主張等、他のスポーツと違うプロレスの面白さをお伝えしていきます

オスプレイ ビー への凶行はスターダム トップ戴冠への布石!?


プロレスランキング にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
にほんブログ村

オスプレイ オスカッターの本当の着陸先は?

ニュージャパンカップ勝戦試合後のビッグサプライズ。

オスプレイは恋人と公言しているビー・プレストリーにまさかのオスカッター!

 

そのビーを敵である飯伏が介抱するという強烈な謎かけ(笑)をのこすオスプレイ

このアクシデント直後は、ウィル・オスプレイひどいな!と率直に感じます。

 

 頂点をとるためとはいえ、風林火山・激烈な鷹木信悟を前にして、試合に介入したビー・プレストリーを切り捨てるとは・・・

正に愛など捨てたを地でいく聖帝ならぬ皇帝・オスプレイと思ったものです。

 

 

しかし、よく考えてみると、これはプレストリーに周囲の耳目を集めるための行動、彼女自身を一段階上げるための仕掛けなんではないかと思い始めます。

4.4 横浜のワールド・オブ・スターダム 戴冠へのアクション

スターダムで活躍する外国人レスラーはスキルも高く、トニー・ストームなど世界で活躍する選手も多く、ビー・プレストリーも例外ではありません。

しかし、日本人選手らも実力に華もある選手が実に多く揃っています。

 

となると、手っ取り早いということでもないですが、日本人選手(ベビーフェイス)を相手にヒールターンし徹底的に闘った方がトップに立てるのは歴史が物語ります。

 

新日本でも、ここ数年トップに立った外国人レスラーは、ケニー・オメガジェイ・ホワイト・そして、ウィル・オスプレイ

 

全てベビーからヒールターン。

そこからトップ戦線に食い込み、リングを面白くしています。

 

プレストリーも例外では無く、ベビーフェイスからヒールターン。

 

ヒール軍団の大江戸隊に加入。日本語を覚えたてなのか、意識して使っているのか分かりませんが、軒並み日本人選手に対して、「〇〇ショッパーイ!」みたいな事を言ってます(笑)

 

因みに私がプロレスで、初めて”ショッパイ”というコメントを聞いたのは

「ショッパイ試合をして、すみません!」

スーパーストロングマシンこと、平田選手(引退)です(笑)

 

4.4でスターダム最高峰のベルト挑戦を控えているビーの話題提供へのお膳立て、援護射撃を込めて、あの行動に出たのかもしれません。

 

これまで、スターダムにそれほど興味の無かった新日ファンから見ても相当なインパクトでしたし、ビー・プレストリーってどんな選手だ!?と思ったかもしれません。

 

更に、両選手が同じ親会社のブシロードであるため可能であり、互いの団体のシナジー効果にもなります。

 

スターダム 4月4日 :ワールド・オブ・スターダム選手権試合

王者 林下詩美 vs ビー・プレストリー 挑戦者

試合がとても楽しみになってきました。