website
statistics

プロレスこそものの上手なれ。

新日本を中心としたプロレスブログ。試合の迫力や選手の自己主張等、他のスポーツと違うプロレスの面白さをお伝えしていきます

新日本 大会再開 リザーバー選手にはチャンス!


プロレスランキング

愛知県・名古屋より大会再開!

福岡大会以後、沈黙を続けていた新日本プロレスが大会再開を発表。

 

感染者、事態宣言中だけに手放しでは喜べませんが、とはいえ熱い試合がファンに、社会に元気を与えるのは間違いありません。

 

18日時点で、今後の大会のマッチメイクは発表されていません。

考えられる事態として、感染した選手の状況をギリギリまで見定めているのか?

 

あるいは、名古屋大会に関しては、当日発表というサプライズを演出するのか?

 

感染した選手に関しては、レギュラー選手が大会に出場していなければおおよそ分かることなので、発表してもいいのではないかとも思います。

www.njpw.co.jp

公式リリースで、9名の選手が陽性判定を受けたとあります。

今後も、感染対策は徹底して、スポーツ界の見本となってほしいものです。

 

他他団体であれば、興行自体が継続不可能な程の欠場選手数に上りますが、新日本に関しては大会を継続できる層の厚さです。

 

それは、普段、毎回の試合に出られないリザーバー選手がいるからです。

ピンチはチャンス。主役以外の誰が飛び出すか?

第三世代:永田裕志天山広吉小島聡

コケシ・本間朋晃

田口監督やマスターワト

ディック東郷や邪道外道等・・

 

本隊選手を中心に、他他団体であればフル出場している選手達です。

上記の選手らが感染していなければ、ここはチャンスです。

 

かつて、黒いロックスター・中邑真輔WWEに旅立った後に、内藤哲也柴田勝頼は、これはピンチではなく、誰かが飛び出すチャンスだと話しています。

 

結果として、起きてしまったことは前向きに捉えるしかありません。

 

AEWで、" シロメ、シロメ!" で、リングを興奮の坩堝に変えたミスター!

アメリカのファンも生白目は、きっとアンダーテイカー以来でしょう(笑)

 

本間もおめでたいことがあっただけに、ここはレギュラー定着に向け、当ブログでも書きましたが、内藤哲也とのシングルを実現させてほしい。

 

飯伏幸太対ジェフ・コブの一戦も楽しみなだけに再始動の新日本プロレスに注目!