プロレスこそものの上手なれ。

プロレス全般とキン肉マンをメインに綴っていくインドア系ブログです。

ワールドプロレスリング オレのメモリアルバウト 鷹木信悟 その歴史

 

2000年10月9日 東京ドーム:川田利明 vs 佐々木健介

NOAHを立ち上げた三沢光晴全日本プロレスに残った川田利明

川田が選んだ道は、新日本プロレスとの対抗戦でした。

鷹木は学生時代に、川田か健介が勝つか!とプロレス好きな友人たちと熱のこもったトークをしていたと話しており、彼は川田派だったみたいです。

健介の当時のコスチュームはショートスパッツではなく、後ろ姿は長州です(笑) 川田は、渕と二人になってしまった全日本を、看板を守るために、闘いました。

そして、最後、得意のジャンピングハイキックの連発で健介に勝利!

○ 川田 利明(19分38秒 ジャンピングハイキック)佐々木 健介

f:id:hirotasun:20201122114053j:plain

 

 2000年7月30日 in 横浜アリーナ 長州力 vs 大仁田厚

二試合目は、自分の試合を選ぶ選手は多いですが、鷹木は敢えて、ファン時代の試合を選みました。更に、あれだけ真っ向勝負の男が、大仁田の試合を選ぶところに、鷹木のレスラーとしての面白さ、視野の広さが伺えます。

 このカードは、ある意味、試合内容よりも、引退していた長州を引きづりだすまでの、「跨ぐなよ」発言や、真鍋アナとの大仁田劇場などのドラマの印象が強いです。

鷹木もその試合に至る迄の、ドラマづくりを上げています。

試合入場も、普通は批判されてしかるべき所ですが、モノがバンバン大仁田に向けて、投げられています。彼は、おかまいないしに煙草をふかしています。

 試合自体は、安生戦と同じく一方的で、大仁田の電流被爆が5回に対して、長州はゼロ。ゲスト解説の蝶野はこの時代はT2000時代のヒール側にいたので、

「おい!真鍋! この試合は俺は、プロレスだと認めねぇぞ、おらっ!」

と話しています。まだ、ガッデム!とは言ってません(笑) 大仁田の技と言えば、急所攻撃からのDDOのみです。

このカードだけで、横浜アリーナが超満員札止めとなったスゴイ興行です。

○長州 力 (7分46秒 サソリ固めでレフェリーストップ)大仁田 厚

 以前に作成した、ドラゴン・鷹木信悟の新日本に出場する迄の歴史を書いたブログを、再録しましたので、宜しければ合わせてご覧ください。

ドラゴンゲート(DG)から新日本へ

所属していたドラゴンゲートでは、最高峰のベルトであるオープンザ・ドリームゲートに実に4度にわたって戴冠。

団体の象徴だったCIMAや同期のYAMATOやBBハルクらと激闘を展開。

ハイスピードバトルを主とするドラゲーの中でも、パワーを主体としたファイトスタイルで、異彩と個性とジャイアニズムを発揮していました(笑)

f:id:hirotasun:20210109200413j:plain

ドラゲーといえば、ユニット抗争です。彼も自ら大将として立ち上げた、ベビーフェイスのユニット”暁(あかつき)"や、団体内の活性化を唱えて、MAD BLANKEYを発展させた大ヒールユニット”Verserk(ヴェルセルク)"を結成! 大暴れした後、ドラゴンゲートを退団。新日本プロレスに参戦を決意。

ドラゲーに所属しながらも他団体に積極的に参戦。

鷹木はDGに所属しながらも、大日本プロレス全日本プロレスチャンピオンカーニバルに出場など、他団体出撃に積極的でした。そして、彼は山梨県出身、ドラゴンゲート所属時には、毎年、自己プロデュースの凱旋興行をしていました。

因みに、彼は記事で音楽は長渕剛しか聴かないと言ってました。オリジナル技のMADE IN JAPANの雪崩式技が、STAY DREAMで分かります。

内藤や飯伏がいる新日本プロレスに本格参戦。

満を持して内藤哲也に導かれ、ロスインゴベルナブレス デハポンに加入し、実力を発揮。

ラストファルコンリーを改名した、ラストオブザドラゴンで勝利の山を築き、ベストオブザスーパージュニアのオスプレイとの決勝戦まで、新日本内では無敗の負けなしでした。これはすごい戦績です。

オスプレイとの試合は、ヒロムも悔しいくらいに凄かったと公言していますが、本当に素晴らしい試合でした。その後、かねてから公言していたヘビー級に転向します。

石井・後藤・鈴木みのるらと名勝負を展開。

そして、石井や後藤とはごつごつしたファイトを展開。最近では、鈴木みのるとNEVER王座を懸けて海賊対龍王の壮絶な戦いを繰り広げました。

f:id:hirotasun:20210114172222j:plain

そして、同年代の内藤や飯伏とも名勝負を繰り広げていくでしょう。彼は、ドラゲーで鍛えられたマイクアピールや試合後のインタビューも一級品です。

相手をこき下ろすだけでなく、どこかで相手の長所も加えるので、認め合った中での闘いには好感が持てるし、また声も聴き取りやすいのがいい(笑)

今年のG1で、多くのトップ選手と闘い、勝った試合もあれば負けた試合もあるので、これから一人ずつ、リベンジして、昇龍が如く登り詰めていってもらいたいです。

最後まで、ご覧いただきありがとうございました。