website
statistics

プロレスこそものの上手なれ。

新日本を中心としたプロレスブログ。試合の迫力や選手の自己主張等、他のスポーツと違うプロレスの面白さをお伝えしていきます

NOAH 武藤敬司 さいたまで新たなバイブルを築くか?


プロレスランキング

プロレスとNOAHの象徴同士の対決

6.6 さいたまスーパーアリーナでプロレス史の歴史となる大会が開催されます。

 

4団体合同・全15試合、コロナ渦のため、残念にも5~6試合前後に抑える大会が多い中、これほどのボリュームの興行はスゴイ!

 

トリプルメインイベントとなっていますが、実質は最後のGHCヘビー級選手権。

王者 武藤敬司 対 丸藤直道 挑戦者がメインイベントでしょう。

 

直近の 5.31 後楽園ホール大会での前哨戦では、武藤敬司が丸藤直道から直接、必殺の足四の字固めでギブアップ勝利(18分3秒)

 

www.tokyo-sports.co.jp

 

三沢光晴メモリアル大会にも関わらず、愛弟子である丸藤正道は勝つことも出来ず。

 

更に、三沢の最後のオリジナルの必殺技、エメラルド・フロウジョンまで決められてしまい、丸藤は良い所なく終わってしまう。

どちらが勝つと、その後の展開は面白いのか?

しかし、前哨戦で負けた方が選手権に勝利するという、プロレスあるあるがあるのも確かです。

 

現王者の武藤敬司も、前挑戦者のマサ北宮に監獄固めで負けてます。

負けた方が、より気合が入るし、追い詰められる分、力が入る側面もあるでしょう。

 

勝敗は、武藤敬司が3度目の防衛に成功すると予想します。

丸藤が、2016年以降、タイトルマッチに一度も勝利していない事実。

 

そして、それが丸藤の持ち味とも言えますが、悲壮感が全く無いので負けても、あぁ、いい試合、スゴイ勝負だったけど負けちゃったなって感じにもなりそうです。

 

武藤敬司丸藤正道のどちらが王者として、今後、やっていくのが面白いのか?

武藤が防衛すれば、その後の挑戦者に船木誠勝や、禁断の拳王戦もあり得ます。

 

しかし、丸藤が王者となった時を考えると誰がくるのか?

私には、思いつきませんが、ファンの想像の上をいったとき、丸藤の王者象が明確になってくるはずです。

 

2021年上半期、新日本の東京ドームに次ぐ超ビッグマッチイベント。

最後に王者として、リングの中心にいるのはどちらか?