プロレスこそものの上手なれ。

プロレスとキン肉マンをメインに綴っていくインドア系ブログ。

ワールドプロレスリング おれのメモリアルバウト 棚橋弘至 編 チャラ男~逸材へ。

この番組は、BS朝日で蝶野がホストを務める「俺の激闘 ベスト5!」の姉妹番組で選手本人が印象に残る試合を語る30分番組。今回は、棚橋弘至です。

1995年2月4日 IWGPヘビー級選手権 王者 橋本真也VS天山広吉 in札幌中嶋体育センター

凱旋帰国直後の怖いもの知らずの猛牛天山が、破壊王橋本真也に挑んだ一戦。長いこと新日を観ていますが、これほどインパクトある凱旋は観たことがありません。それ程に天山は勢いがありました。かつて天山は橋本の付き人もしており、おでこに爪楊枝を刺すいたずらの話は有名です(笑)

序盤はガップリ四つ、10分経過あたりから試合が動き始めます。天山の橋本が重すぎて、持ち上げ損ねたか、危ない角度のパワーボム。凱旋後から使い始めたムーンサルトで橋本を追い込む。橋本はいつもの鼻血を噴出。当時の解説のマサ斎藤は鼻の粘膜が弱いだけと言っていました。橋本は流れを変えるべく、沖縄琉球空手の修行時に身に付けた水面蹴りを一閃!そして、15分経過から、強烈過ぎる右ハイキックを叩き込み、垂直落下式DDTでフィニッシュ。ほんとうに、頭がマットにめり込む垂直落下でした。

橋本真也 (17分2秒 垂直落下式DDT~片エビ固め)天山広吉  橋本が王座防衛

2007年11月11日 IWGPヘビー級選手権 王者 棚橋弘至VS後藤洋央紀 in 両国国技館

この試合は新日本暗黒期に行われた試合で、1万人収容できる両国に2000人しか入らなかった。リングサイドは観客で一杯だが、見渡すと白い幕で覆われたりして不自然さも感じます。しかし、声援はものすごい。特に、現在コロナ渦で観衆が声を出せないだけに、ものすごい歓声に聴こえます。番組内でこの試合が不入りが続く中でも一筋の光明が見えた試合だったと棚橋は話します。

確かに、この試合は私が観た棚橋の中でも更に後藤の試合の中でもベストバウトかもと思えるほどです。何しろ、後藤が粗い!終盤戦で、後藤がマスキュラーボムのような危ない形で技を繰り出し、棚橋がしばらく立ち上がってこれない状況になります。それを起き上がらせようと、レッドシューズを何度も振り払ってブーイングを浴びてでも攻め続ける後藤に、本当の意味での荒武者を見ました! 試合への声援も本当に大きく、一人の女性ファンがキャーキャー騒いでるのも分かります(笑)

しかし、棚橋も粘ります。この時の棚橋の動きは速い! 今は、不用意にビルドアップしすぎではと感じます。ドラゴンスープレックスからの、今では珍しい変形のファルコンアローの様な技を繰り出す。そして、盤石のハイフライでフィニッシュかと思われたが、テキサスクローバーホールドに繋いでギブアップ勝利! 何だテキサスでもギブ取れるんじゃんと思ってしまいました(笑)

棚橋弘至(31分22秒 テキサスクローバーホールド)後藤洋央紀 棚橋が王座防衛

あとがき

私は、この時期、新日本から離れていました。何しろ観ていた記憶がありません。この時期に棚橋が中邑が真壁らが支えて、レインメーカーショックがあり、起地盤沈下が起きて、内藤が大ブレイクして今日に至る。飯伏が棚橋を神と呼ぶのは彼が試合巧者でもあり、このときの活躍を見ているからでしょう。しかし、最近の飯伏は自らを”神”と言い始める方向に向かっております(笑)

f:id:hirotasun:20201102154800j:plain