プロレスこそものの上手なれ。

プロレスとキン肉マンをメインに綴っていくインドア系ブログ。

平成プロレス30の事件簿 / 感想 この本には、錚々たるレスラーの事件や歴史が詰まっている。

平成プロレス 30の事件簿 知られざる30年の歴史を刻んだ言葉とその真相。著:瑞佐富郎

猪木、馬場から始まり天龍、大仁田、武藤、三沢、橋本そして中邑まで、豪華すぎる!

事件というと、少し大げさな言い方ですが、プロレスファンなら聞いたことのある、大会や試合の経緯が記されているので興味深い話がとても多いです。

いくつか挙げてみると、初めの事件として、新日本プロレスが初開催した東京ドーム大会を挙げています。獣神ライガーのデビュー戦(赤いコスの時)がありました。ソ連軍団来日につていのいきさつを詳しく書いています。猪木は、メインでチョチョシビリに敗北しました。

三沢光晴が虎の仮面を脱いだ試合や、天龍のSWS参加を、週プロに散々叩かれて企業がプロレスに介入するのを長い間敬遠させることにもなった事件も書いてあります。

f:id:hirotasun:20201224212515j:plain

30篇がおおよそ10ページ前後で書かれているので読みやすい構成。

1篇がコンパクトに集約されているので、読みやすいです。

面白いのがレスラーの逸話に混じって、新日本プロレスのオーナーでありおおきくV字回復させた立役者でもあるブシロード木谷会長の話が載っています。話の中身としては、彼が大のプロレスファンであることや、選手の意識を高めるのと、ファンのすそ野を拡大するためにファンにツイッターをフォローしてください等の内容です。今やスターダムも傘下におさめているのでプロレスファンとしては心強いです。

まとめ

現在進行形の流れでは無いですが、プロレスは長く見れば見るほど面白くなるスポーツとよく言われます。プロレスラーの現役生活はトップ選手であれば、怪我のケアとモチベーションを保てれば、50歳を過ぎても継続できます。ですので、一度、自身が応援する、好きな選手の歴史を紐解いてみるのも面白いし、それによってより応援したくなるはずです。

最後まで御覧いただきありがとうございました。