プロレスこそものの上手なれ。

新日本を中心にスターダム等のプロレスの面白さを綴っていくブログです。

スターダム 4.4 横浜 大会展望 たむ対なつぽい リスペクトよりジェラシー

4.4 横浜武道館 試合のラインナップがすごい!

横浜武道館のマッチメイクは非常に興味深いカードが揃っています。

メインは、ドンナ・デルモンド同士の同門対決。

ジュリアは、仲良しこよしの舞ひめに、そんなんでメインが務まるか!と怒りの咆哮。

しかし、王者となった二人も一番、間近でジュリアと朱里を見ている分、最もデンジャラスで強い二人を選んだのは、周囲にゴッデスの価値と権威を分からせるためでしょう。

これは、同門対決の枠を超えた激しい試合となりそうです。

ワールドオブスターダム選手権も注目。

ビー・プレストリーがオスカッターを喰らってKOされたのを、新日ファンなら全員が知ってます。

f:id:hirotasun:20210323231536j:plain

画像出典引用:NJPWサイト

思わぬ所で、話題が色々と飛び火した分、赤いベルトに注目が集まります。

ここで名勝負を展開すれば、王者の林下とビーに更に注目が集まります。

たむとなつぽい:リスペクトよりフレンドシップよりもジェラシー

個人的に一番注目している試合がワンダーオブスターダム選手権。

王者・中野たむになつぽいが挑戦します。

たむは、インタビューで白のベルトは怨念・呪いのベルトと評しています。

この重すぎる発言と(笑)宇宙いちかわいいと言うギャップがすごい。

前団体では、たむからすると、なつぽいはずっと上の雲の上の人だったし、とても良くしてくれたと話します。

www.tokyo-sports.co.jp

しかし、現在はたむが王者でなつぽいが挑戦する立ち位置であり、なつぽいも記者会見で、かつての関係を断ち切り、写真をビリビリに破いて、錯乱するような状態となり、天城越えのような情念を感じます。

かつてのリスペクトやフレンドシップは閉じ込めて、ジェラシーや怨念渦巻く王座戦となりそうです。

f:id:hirotasun:20210326133530p:plain

画像出典引用:スターダム公式

それでも、なつぽいの華麗な空中殺法や、中野たむの破壊力抜群のバイオレットシューティングや、キレイなブリッジから出るタイガースープレックス等の技の応酬も見たい。

ジュリアとの試合とはまた違う、白い新王者としての試合を期待します。

5対5全面対決、誰を強制?加入するのか!

STARSと大江戸隊の全面対決は、勝ち負けのみの決着ではなく、負け残った選手が相手チームに強制加入させられるという過酷なルール。

戦力を考えると、何でもありの大江戸隊の方が圧倒的に有利に見えます。

普通に試合したらSTARSの苦戦は必至だし、更に裏切り、ダブルクロスに見舞われたら敗北は必至。

しかし、裏切りに遭うのは必ずしもSTARSだけとは限らず、大江戸隊からもあり得ます。

そして、誰が負け残ると大きなインパクトになるのか?を考えます。

f:id:hirotasun:20210326145353p:plain

画像出典引用:スターダム公式

STARSは、もしスターライト・キッドが負け残ってしまったらインパクト大です。

光を照らすキッドから、闇に煌くダークライト、ダークナイト・キッドも見てみたいですが、現実、そうなると岩谷のショックも相当なものですし、ヒールのキッドも想像できません。

大江戸隊からは、負けること自体考えずらいですが、大江戸隊に加入して、日が浅いので可能性は低いですが小波が負け残り、正統派でやるのも面白い気がします。

何れのマッチメイクも興味深く、今後のスターダムマットに大きな影響を与えていくだけに、目が離せません。


人気ブログランキング