プロレスこそものの上手なれ。

プロレスとキン肉マンをメインに綴っていくインドア系ブログ。

鈴木みのる 「ギラギラ幸福論-黒の章-」を読んでみました。現在もトップで活躍し続ける彼の原動力は何か。

週プロ以外のプロレス本が久々に読みたいと思い(笑)鈴木みのるの、ライターとの対談集を読みました。ひと言で云うと、あっと言う間に読むことが出来て面白かった! しかし、一言でを終えるにはとても勿体ない内容ですので、全体の感想を書いていきます。

天龍源一郎引退試合の相手は俺がしたかった。岡田にとられてすげえ悔しい。

鈴木みのるは、天龍のファイトスタイルに多分に影響を受けました。自分がパンクラスから、純プロレスに戻ってきた時、新日本暗黒期に外敵軍として、一緒に活動していた天龍の闘い方を間近に見て、肌で教わったようです。それだけに、鈴木が天龍のオヤジを叩き潰したかったと語っています。

紅蓮隊のメンバーから学んだこと。

強いものが勝つ、それが全てと考えていた鈴木が、東京愚連隊と結託してからは、彼らの勝っても負けても、また次の試合、次のシリーズに呼んでもらうことが大事だと、フリートしての身の振り方や、考え方の幅を拡げるきっかけになったと話しています。

f:id:hirotasun:20201115111758j:plain

山善廣とTAKAYAMANIAを語る。

帝王・髙山善廣と、世界一性格の悪い男・鈴木みのるの強さと関係性は広くしられているところです。その高山が試合中のアクシデントで難病になります。闘病中の髙山を心身両面から支援するために鈴木が先頭に立って活動しています。

鈴木は「クリーンな人には、偽善者や売名行為等の、批判には耐えられない。俺だったら、うるせえ!の一言で済むんだから。俺で良かったんだよ」と話します。自分の為では、ないのに謂れも無い非難を浴びても、怯まない強さと確固たる自信が鈴木にはあります。

ゴッチ・藤原の弟子として。一緒に汗を流した外人選手たち。世界での人気。

ゴッチ、藤原から教わった技術は鈴木の根幹、圧倒的な強さへの自信であるので、二人の名前は何度も出てきます。新弟子の時の経験が何十年経っても色褪せていません。

パンクラス旗揚げ当時に活躍したバス・ルッテンや、シャムロック兄弟、鈴木が試合中に唯一、逃げたくなった相手、モーリス・スミス等、外人選手について話してます。シンプルな闘い方であるにも関わらず、鈴木は国外でも人気です。今は、新日本の動画サービスに加入すれば世界中で新日本のハイクオリティな闘いが観れるのでその影響も大きいと言います。風になれの大合唱もあるようです。

読み終えて

アントニオ猪木に憧れて新日本でデビューし、新生UWFに移籍、パンクラス旗揚げ、その先は、純プロレスに立ち返り、全日本、ノア、新日本に牙を剥き、存在感を示し続けています。何がすごいって、他の同年代の選手が第一線で無くなりつつある中、常にトップ戦線で活躍、ベルトにも絡み、IWGPヘビーにも戴冠するんじゃないかと思わせます。

あいつには負けない、悔しい、俺が最高なんだ!それらの原動力を常に持ち続けられることです。鈴木みのるの試合を観るのが、また楽しみになりました。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。